平塚市『老郷/ラオシャン 本店』

平塚市の娘の家族との宴会を終えて、『老郷』へ行きたい人を募ったら誰からも手が上がらなかったので、一人で酔い覚ましに歩いて辿り着くと、店は閉店のご様子。。。数年後にリベンジで昼間に訪問すると、これが吃驚でお店が真新しくなっていました。

まだ新しい店内は、厨房を囲む長いカウンターがあって、調理の様子が良く見えます。
メニューは実にシンプルで湯麵・みそ麵・餃子の3種類だけでした。(2017年時点ではみそ麺が無くなっているかもしれせん…)
注文は湯麺と餃子でしたが、注文の様子を見ていると、殆どのお客さんが湯麺を注文して、二割くらいの人が餃子を追加していました。

この湯麺、具材が大量のワカメと刻んだ玉ねぎ、メンマだけなので、実に素早く出て来ます。ラードや鶏油などの脂を使わない透明のスープは豚骨を濁らない様にじっくりと煮出したのでしょうか、実にアッサリとした味わいです。う~ん、塩味系(醤油も少し使っているかも…)のスープがほんのりと酸っぱくて面白い。数口スープを啜ると物足り無くなったので、他のお客さんの所作を盗み見しながら、テーブルの酢を一垂らし、辣油をスプーン四杯掛け入れて頂くと、これが何とも胡麻油が香るスパシーなスープに変貌です。素麺と間違いそうな、鹹水を使っていない白いストレート麺が風味を増したスープにドンピシャになるんですわ。餃子の事は忘れてアッと言う間の完食でした。

「しかし、平塚漁港ってワカメの水揚げがたくさんあるのだろうか…」帰路の飛行機の中で、あの大量ワカメの事を思い出して勝手な妄想をしておりましたが、後日ネットで調べると、三陸産の最高級のワカメを使用している事が判明してスッキリしました。
昭和32(1957)年創業、オンリーワンの『老郷』の湯麺、一度ご賞味を!

■着丼すると、この大量ワカメに吃驚するでしょう!

■少し食べてから、酢と大量の辣油をブチ込んだ所です(他のお客さんよりも多く入れたかも…)

■麺と具材を食べ終わった状態がこんな感じで、この後、餃子をパク付きながらスープで流しました

■自家製と思われる辣油は皆さんが数杯掛けていました。左側は酢です(米酢でしょうか…)

■皮がサクサクしていて、餡が北海道とは違った味付けでした(私のバカ舌では表現し難し…)

■実に潔くてシンプルなメニューですね(退店するまでに、みそ麺を注文したお客さんはいなかった…)

■真新しくなった『老郷』。午後2時過ぎだと言うのに、 引っ切り無しにお客さんが入店していました

■2012年の4月、21時半頃『老郷』に辿り着くと、お店の中ではお片付けをしていました

Advertisement

店舗情報

店名 老郷 本店 (ラオシャン)
電話番号 0463-21-3658
住所

平塚市紅谷町17-23

Googleマップで開く
営業時間 [火~土] 11:30~23:00 [日] 11:00~22:00
定休日 月曜日
公式アカウント 公式サイト Facebook 食べログ