札幌市『ラーメン:惜しくも閉店(1)』

●札幌市豊平区:『高野』

ラーメン店の前はスープカレー屋さんだったのですが、その後同じ場所でラーメン屋さんへ転身。
写真はカリー味噌ラーメンです。元カレー屋さんだなぁと感心するさすがのスパイ使いで、豚骨濃厚スープに合わせた味噌スープにはカレーの心地良い香りが際立っていて、食欲が倍増しました。これには、矢張り小ライスを追加して、〆に残ったスープへドボンが正解の様です。あぁ~、また食べたい!

■スープカレーの様な感じのカリー味噌ラーメン。やはりスープが旨い!

■麺は札幌系の黄色い縮れ麺。手前の肩ロースのチャーシューも旨かった

■平岸の中通りあった『高野』。人気があったので勿体無い

 

●札幌市南区:『しんがり』

ここの基本のメニューは汁が無いまぜ麺と冷やしまぜ麺、それとチャーシュー丼ですが、日替わりで出されるラーメンはお店に行って見ないと分からないと言う面白い趣向でした。

写真はとんこつ醤油ラーメンで、ちょっと焦げた様な香ばしいスープには、多目のラードとプツプツとした黒いものが浮いています。この特徴的なスープとチャーシューの焦げた外側の味が良く似ていた。。。これは好きな人には、癖になるラーメンでしたね。
日替わりのラーメンは、とんこつ醤油・とんこつ塩・味噌・昔風あっさり醤油・鶏醤油・つけ麺と食べましたが、全部やっつけたかどうかは不明のままです。。。

■とんこつ醤油ラーメン。スープにプツプツと浮いた黒いものは、チャーシュー表面の焦げかも知れません

■プリッとした中細縮れ麺が、やや焦げ味を感じるスープに浮いてます

■『しんがり』には暖簾が無かったので、目印は若者がラーメンを食べている看板

 

●札幌市中央区:『ななつき』

ススキノからちょっと離れた電車通りの東本願寺前電停に『ななつき』がありました。直ぐ側の有料駐車場は駐められる台数が少なかったので、開店直前の早い時間に訪問していました。
ここの売りは、野菜をたくさん使った「べじそば」です。鶏白湯にじゃがいも・たまねぎ・にんじんピューレを加えたスープは、とろみのある野菜のポタージュの様でした。

写真は「べじそば赤」で、トマトの旨味が強いトロトロなスープは中細の軽く縮れた麺に良く絡んで来て、トマトソースのパスタを食べている様な感じに見えます。
具材は水菜・ベビーリーフ・豆類・真空低温調理の鶏チャーシュー・角切りのじゃが芋・万能ネギ・貝柱の粉末と満載で、そこへ温泉玉子を追加。この一杯で野菜をシッカリ摂れます。

■ベジそば赤はスープからトッピングまで、たくさんの野菜が使われています

■麺がトロトロスープを絡み取るので、まるでトマトソースのパスタの様です

■『ななつき』は電車通り沿いで交通も良かったのですが…

 

●札幌市豊平区:『華麒麟/はなきりん』

地下鉄中の島駅から徒歩12の好条件の場所にお店がある『華麒麟』ですが、開店時間が12時と遅めです。ですから、開店直後から客さんがどんどんと入店。混んだカウンター席でパチパチ写真を撮るのが苦手で、かつ駐車場が無いので数回しか訪問できませんでした。

写真は塩らーめんです。具材は、メンマ・トロトロチャーシュー・バラ海苔・白と青ネギ・ネギの上に柑橘の皮少・てっぺんには柑橘系の皮少で、味玉を追加しています。鶏・豚・魚介出汁で取った白湯スープは、濃厚そうに見えていながらアッサリとしています。これに合わせた白っぽくて僅かにカールした中細麺は意外とプリプリ感がありました。このラーメンには低加水の細麺などにも合いそうでした。しかし、一番残念なのは、裏メニューの煮干しラーメンを食べていなかった事!

■白湯の塩ラーメンは見た目よりアッサリした優しいラーメン

■白っぽい中細麺は僅かにカールしていて、プリプリ感がありました

■『華麒麟』地下鉄中の島駅から直ぐの商店街にあります

Advertisement

店舗情報

店名 『高野』『しんがり』『ななつき』『華麒麟/はなきりん』