札幌市中央区『北老虎/ベイラオフー 』

『北老虎 』は中華料理のお店で、JR札幌駅に隣接する商業施設『ステラプレイス』のレストラン街にある人気店です。
ここへ同行者と来店する時は、麺類以外の中華料理も食べていますが、この投稿には麺類と餃子だけを掲載します。

一品目は夏季限定の黒坦々涼麺です。中国山椒(花椒)の痺れが心地良く、黒胡麻の香りがする冷たい担々麺です。全体を満遍なく混ぜ込んでから頂くのですが、辛味・痺れに加えてピーナッツのカリッとした小気味好い歯触りもグッド。この暑い時季に最適でした!
これと一緒に頂いたのが焼き餃子ですが、当店には色々な種類が揃っている中、同行者が小学生だったので、万人が愛するノーマルなタイプを選択しております。

■黒坦々涼麺は、香ばしくて痺れがが心地良い夏の一品です

■ここには小さい・辛いなど7種類程の餃子がありますが、これはノーマルタイプ

■これも夏季限定のアボガドとトマト入りの担々麺(これも食べたい)

二品目は牛すじラーメンですが、メニューにはラーメン屋さんの様なトッピングがあって、「味玉・メンマ・ネギ・モヤシ・キャベツ・ノリ・生卵」の中から味玉を追加しています。
この牛すじラーメンには良く煮込まれたデロデロっとした牛すじ(主に腱)がとろ味を纏いながらゴロゴロと醤油味スープに浮かんでいます。さすが中華料理だけあって八角・桂皮などの中華香辛料が良い感じで鼻を擽って、すじ好きの方には堪らない一品です。
麺が日本的なので、もう少し加水低目の中華麺で頂きたいですネ。

■牛すじラーメンのネギの下には大量の牛すじと刻んだ生姜が浮いています

三品目は赤いトマト入り担々麺ですが、当店には色々な担々麺があって「紅・黒・白・汁無し」など十数種類取り揃えていますし、夏になると冷たい汁無しが数種類増えます。
メニューを拡げると目が卑しくなって、400円の棒餃子を凝視。仕方なくこれも注文です。
トマト担々麺のドンブリから、はニンニクとオリーブオイルが混ざった、あのイタリン的な良い香りがしていて、トロッとしたちょっぴり辛味が付いたスープに太目の平打ち麺がピッタリと合っていました。
長い棒餃子は四本で一人前。皮も餡もとても美味しいのですが、三本目を食べ終わってギブしそうに…しかし、何とか完食です。「美味しいものは少しずつ食べた方が良い、目先に惑わされるな!」と言う教訓を学びました。

■赤いトマト入り担々麺は中伊折衷と言う感じで、センスが良い一品です

■フィットチーネの汁ありパスタですと言っても疑われないかも。。。横には棒状の餃子です

四品目は、冬季限定で煮込み麺が数種類提供される中、モツとニラの塩味鍋煮込麺と言う長い名前のヤツを選択しました。暫くモツ(ホルモン)を食べていなかったので、店の入口で見た写真とメニュー名で即決でした。
この煮込麺は、ニンニクがしっかり効いた塩味スープの味がとても良く、躰も温まるので宣伝文句通り冬場に最適ですネ。しかし、見た目通りの大きな鍋には大量のニラ・キャベツ、食べ易いホルモン、煮込みなのに何故か中細麺、そしてライスまで付いているので半分食べた所で完食は諦めました。結局、野菜類とスープはやつけたけれど麺三口とご飯を半分残しました。誠に失礼な事を…あと15歳若ければ完食できたでしょう。。。前回の教訓が生かされていない様です。。。

■大きな鍋で出て来るモツとニラの塩味鍋煮込麺と小ライス。これを完食するには朝飯抜きで行かねば。。

■非常に熱いので、別の器に取り分けて頂きます。時折、ご飯も入れながら。。。

以前は格式張らない中華料理屋さんと言った外観で、店内はL字型で細長~いカウンターがありました。現在は、同じフロアに綺麗に改装したお店へ移転しております。

■以前のお店の長いカウンター席から、外が展望できました

■以前の場所の『北老虎 』の入口。如何にも大衆中華的な雰囲気が好きでした

■新しい店舗。店前には夏季限定の冷たい麺が案内されていました

■綺麗でちょっと高級感が出ている新しい『北老虎 』の店舗

 

Advertisement

店舗情報

店名 北老虎 (ベイラオフー)
電話番号 011-209-5127
住所

札幌市中央区北五条西2丁目5 札幌ステラプレイス 6F

Googleマップで開く
営業時間 11:00 - 23:00(L.O.22:15) 平日のみランチメニューあり(L.O.15:00)
定休日 施設休業日
公式アカウント 公式サイト Facebook 食べログ