札幌市中央区『山嵐黒虎』

平岸に本店がある『山嵐』の系列店が5店舗あって、唯一、札幌中心部の繁華街に店を構える『山嵐黒虎』へ入店した時のものです。(以前は、夜営業になると『山嵐雷文』と名前を変えていましたが、現在は統合されています)

13時半過ぎの入店なので先客はお一人様でしたが、直ぐにフィリピン人家族らしき4名様が来店。店員さんが早口の英語攻めでチト焦り気味ながら、何とか2種類の味噌ラーメンを券売機で購入できました。(この辺りは外国人観光客が多いので対応が大変ですね)

私はスパイシーな「赤」に味玉を追加です。本店の「赤スープ」は豚ミンチがドンブリ中央にガバッと配されて、その周りを韓国唐辛子らしき粉がこれでもかって言うくらい降り掛かっていますが、ここのは唐辛子粉がやや少な目で、豚ミンチは玉ネギ・長ネギ・キクラゲの下に隠れています。(こちらの方が、ラーメン の顔付きが穏やかに感じる…)
本店譲りの背脂入り濃厚白湯スープはクリーミーで実に旨味が乗っています。太麺を手繰ると豚ミンチ・ニラ・玉ネギ・長ネギが絡んで来て旨さ倍増、実に私好みでした。

私が実食中、フィリピーノのオヤジさん(30代後半?)が唐突に「店で聴こえてるのは何のロックだい?」。店員さんが少考して「ジャパニーズ・インデーズ・ロック」と応えて、さらに短い会話を交わして和んだ雰囲気に。
外国人観光客のお陰で英会話の実践を垣間見て、何故か嬉しい気分でご帰還です。

■具材の盛り付けバランスが実に好いですネ〜!(これは本店を凌駕しておりますな)

■断面が丸いストレート太麺は決して多くないので、若者には大盛りをお薦めします

■これが平岸本店の「赤スープ」です….

■入口のドアを開けると直ぐにこの券売機が現れます。ドアの窓から陽が入って券売機のメニューが少し見難い…

■カウンター席に貼られたメニューには、それぞれのラーメンスープの特徴が書かれています

■真っ黒いカウンターの調味群は、おろしニンニク・ラーメン 用タレ・カイエンペッパー・ブラックペッパーでした

■椅子に腰掛けると後ろに余裕が無いカウンターは僅か8席のみです

■外国人観光客が多い(特に中国・東南アジア系)狸小路に近い店舗は、昔からの建物で間口が狭い…

Advertisement

店舗情報

店名 山嵐黒虎
電話番号 011-272-9898
住所

札幌市中央区南三条西1丁目2-1

Googleマップで開く
営業時間 11:30~16:00 17:00~23:00
定休日 火曜日
公式アカウント 公式サイト Facebook Twitter 食べログ