札幌市中央区『直伝屋』

『直伝屋』は午前10時に開店して、夕方にちょっと休憩を入れてから翌早朝3:00まで営業している、ススキノの長時間営業店です。この辺りでは、場所柄から夜に開店して翌早朝まで営業のラーメン店は沢山ありますが、こんなに長いお店は少ないですね。

初訪の時は、本当に朝10時から開店しているのかを確認するために、10時3分に到着です。店前には「朝10時から営業」と大書された幟が立てられていました。
この辛味噌ラーメンには一味唐辛子がわんさか降り掛かっているのですが、味噌スープを飲んで見ると意外に丁度好い感じ。これは、モヤシを炒めたラードがスープに溶けて辛味を包んでいるからでしょうかね。
麺は札幌系よりは黄色さが薄い中太縮れで、シコシコッとした歯応えが楽しめました。

食べている最中に後客が入店して「辛味噌と醤油をハーフでネ」だって。あれまぁ、メニューをシッカリ確認してませんでした。ハーフで二味楽しむ事が出来たのに..

■かなりの量の一味唐辛子でスープが真っ赤ですが、辛さは意外にピリ辛程度でした

■札幌系ラーメンの黄色さよりもやや薄い色の縮れ麺は、見た目よりもシコシコ感が強いです(例のルルロッソですね)

■スープと麺の拘りが書かれています。プリプリっとした麺は道産小麦「ルルロッソ」なんですね

■本当に朝10時から営業しているのかバスに乗ってチェックに来たら、当たり前ですが暖簾が出ていました

前回は辛味噌ラーメンを食べているので、今回は醤油ラーメンと味玉を券売機で購入。
この醤油ラーメンの見た目は、何処でも見掛けるごく普通の札幌ラーメン。しかし、スープには独特の香ばしさがあって、我が家の近くにあった『福来軒 西岡店』のものと似ていました。麺は札幌系の黄色い縮れ麺ですが、細目ながらシッカリした弾力があり私好み。

私の入店時には既に食べ始めていたお隣のオジイさん(私もジジですが…)、私の完食時もゆっくりとスープを楽しんでいました。それを見て、余裕を持った食事をしなきゃと反省です…

■芳ばしい香りがする醤油ラーメン(見た目は、正に普通の札幌ラーメン)

■プリプリっとした歯応えの中細の黄色い縮れ麺が気に入りいました

■札幌系のラーメン屋さんらしく、お品書きは味噌・醤油・塩と辛いラーメンがあるだけ(券売機で、限定メニューもチェックして下さい)

■テーブルの調味料群はブラックペッパーと一味唐辛子のみでした

ススキノに東西に伸びる幅広い通りを少し西へ歩くと『直伝屋 』が現れます。午前中に歓楽街のススキノを歩いてると気付くのは、意外と人が少ない事です。(その内の半数は観光客でしょうか…)

■長いカウンター席は8席で、その他に4人掛けテーブルが2卓あります(一番乗りだったので向こう側まで写せました)

■昼間のススキノは、ちょっとうらぶれて気だるい感じがあって、明るい内でも飲みたくなります

Advertisement

店舗情報

店名 らーめん 札幌直伝屋
電話番号 050-5593-8266
住所

札幌市中央区南4条西5丁目6-3 第2秀高ビル 1F

Googleマップで開く
営業時間 [火〜土曜 ]10:00~16:00、 18:00〜翌3:00 [日曜]10:00〜16:00、18:00〜00:00
定休日 月曜日
公式アカウント Facebook 食べログ