十勝 本別町『たじま』(4回目の投稿)

十勝へ帰省すると良く訪問するお店、本別町『たじま』でお昼ご飯です。
お品書きを見ていると、店主が「何処にも記載していないのですが、とり天があります」と仰るので、その意見に乗りました。(壁に、季節のアスパラ天ぷら、などと書かれている事が良くありますので、チェックして下さい)

蕎麦は茶色がかった十割の細打ちで、シャキッとしていて、噛むと甘さを含む蕎麦の旨味を感じます。(店主は、同町内にあった『つつじそば』で修行をしたとの事ですが、師匠よりも細打ちに仕上げています)
とり天は四枚あって、外側がパリッと揚がっていて中はふんわりと柔らかい。四枚は多いと思いきやムネ肉を使っているので、スッキリ系の蕎麦ツユに浸しながらペロッと平らげました。(本音としては三枚がベストですね)
訪問するちょっと前に果物を食べていたので、今回は大盛りにしなかったのですが、やはり旨いものは大盛りにすべきでした…
最後は、トロリとした別誂の蕎麦湯を二杯飲んでお会計。

帰りしなに、店主にそば粉の産地を聞いた所、師匠の『つつじそば』と同じ陸別町産を使用していたが、その契約農家が離農した為に、今は中標津町産を取り寄せている、との事でした。

■正式に言うと、もり蕎麦にとり天追加です。これは、定番メニューあるいは期間限定としてメニュー化して欲しい所です
■茶色っぽいのは甘皮を多く含んでいるからでしょうが、私が大好きだった当店の師匠の『つつじそば』は、この倍くらいの中太麺でした
■こんがりと揚がったとり天はスライスしたムネ肉が四枚。サックリとした外側に対して中側はしっとりでした(これにはビールが欲しい所です)
■細麺をひと手繰り分だけ蕎麦猪口へ投じて、ネギとワサビを加えて一気に啜り込みます(基本的にワサビはひと手繰りのみ使用)
■当店は天ツユは付かないので蕎麦ツユにとり天を浸しますが、これが蕎麦ツユを旨くしてくれます
■注文を入れた時に「そば湯は必要ですか?」と訊かれますので、是非、別誂のトロリとした蕎麦湯をオーダーして下さい
■蕎麦店ですの調味料は少なく、一味唐辛子と七味唐辛子のみですが、黒七味や山椒があれば最高です !
■一人で来店する事が多いので、殆どがこのカウンターの左端に着座です(隣との間に余裕があるので四人掛けとなっています)
■カウンター席の後ろ側には、二人掛けテーブルと小上がり席があります(全部で20席の中型店)
■温かい蕎麦も何度か食べていますが、やはり十割細麺の旨さを実感できるのは冷たい蕎麦だと思います
■夜営業に来て、蕎麦前の一杯ができる様におつまみが用意されています(一度、夜に来て見たい!)
■『たじま』の左側に広い駐車場があります(何台分だったかは覚えておりません…)
■嘗てのマーケット通りは、色々な食堂・おでん屋・スナック・パーマ屋・本屋などが通りの向こうまで続いていたのですが…

 

 

来店履歴

2019年12月06日
十勝 本別町『たじま』(7回目の投稿)
2019年10月11日
十勝 本別町『たじま』(6回目の投稿)
2019年07月09日
十勝 本別町『たじま』(5回目の投稿)
2019年04月17日
十勝 本別町『たじま』(4回目の投稿)
2018年11月29日
十勝 本別町『たじま』(3回目の投稿)
2018年04月28日
十勝 本別町『たじま』 (2回目の投稿)
2017年03月24日
十勝 本別町『たじま』

店舗情報

店名 手打蕎麦 たじま
電話番号 0156-28-0939
住所

中川郡本別町北2丁目1-10

Googleマップで開く
営業時間

11:30~13:50 18:00~20:00(L.O)

定休日

月曜日

公式アカウント
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement