十勝 幕別町『いつき』

ナビ頼りで12時5分に『いつき』に到着すると店前の駐車スペースは満車。しかし、ここにはJR幕別駅に付帯する広い駐車場が道路向かいにあり、安心して車で訪問出来ます。入店すると、お昼時のため50席の広い店内はほぼ満席。カウンターに二席だけ空きがあったのでラッキーでした。

お客さんは何人かで連れ合って昼食と摂って居る方が多い。私の隣に座った男性は「セットで」と注文。お品書きを確かめると、豚丼に小蕎麦が付いた人気商品らしい。
私の注文は人気ナンバーワンの「かしわごぼう」で、多くの人からその注文の声が聞こえて来ました。
注文をした直後に、オネーさんが暖簾を店内に仕舞った。何ぃ~、未だ12時15分なのに…

大きなドンブリには、鶏肉・牛蒡・長葱がごっそり載っています。麺が見えないので具材から手をつけると、ウンウン、鶏肉と牛蒡が良く合うし多目の長葱も良い仕事をしています。
ツユは田舎蕎麦らしい鰹節が効いたチト甘目のヤツ。(これに文句を言う蕎麦通らしきがおりますが、放っておきましょうネ!)
麺は十勝の田舎蕎麦にしては若干ながら細目のタイプで、そば粉の味が口一杯に広がり、「江戸そばも良いが、そば粉そのものの味を楽しめる、田舎蕎麦は最高だわ~」と嘆息。
しかし、食べても食べても麺が減りません。何とか麺をやつけた時にツユが残ったのですが、もうそれ以上食べられない程に腹パン状態!
次回はもう決めていて、冷たいもり蕎麦と人気の豚丼を合わせて見たい。

お会計時に「大盛は蕎麦の量が二人前あるね」とオネーさんに言うとニッコリ微笑む。店主が傍に来たので「12時15分に暖簾を仕舞うって、すごく早いですね」と尋ねると、「打った蕎麦が無くなったら、即終わり」との事。
ここの蕎麦を確実に食べたい方は、開店時間の11時半から12時前に入店して下さいネ。

■配膳されたドンブリを上から覗くと、ドンブリの大きさや具材の盛られ具合が良く分かりませんネ!

■大き目のドンブリには波々とツユが注がれていて、具材がこんもりと盛り上がっています

■蕎麦を頂く前に、儀式の様に一味唐辛子をガバガバっと掛け回してから、ガッつきます!

■ドンブリの縁まで蕎麦が入っていて、いくら手繰り込んでも減らなかったのには驚きました…

■茶色掛かった麺は、田舎蕎麦にしてはちよっと細目でそば粉の美味しさが詰まっています

■レンゲに載せた小さ目の鶏肉がごっそり入っています。笹掻きのゴボウは見え難いですね

■年季の入ったカウンター席の様子。夜は居酒屋なのでガラス張りのネタケースが見えます

■カウンター席の上にはお品書きがありましたが、何故かしらお値段は記載されておりません…

■昼食用のメニューを見ると、面白い事に温かい蕎麦の品数が冷たいのよりもかなり多い(冷たいのを増やして欲しい…)

■当店一押しの「とりごぼうそば」の看板が入口あり、二番手は「ぶた丼・そばセット」の様です

■暖簾の店名は漢字ですが、食べログなどでは『いつき』とひらがなで紹介されていました

■お店の行灯の向こう奥の建物がJR幕別駅で、写真の右側が駅の広い駐車場になっています

来店履歴

2019年07月10日
十勝 幕別町『いつき』

店舗情報

店名 そば居酒屋 いつき
電話番号 0155-54-2330
住所

中川郡幕別町錦町10-1

Googleマップで開く
営業時間

11:30~13:30  17:30~23:00

定休日

日曜日

駐車場

店前に3台ほど(道路向かいにJR幕別駅の広い無料駐車場があります)

公式アカウント
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement