札幌市東区『さとやま』(3回目の訪問)

手打ち蕎麦の『さとやま』では、玉ねぎを長時間炒めて15種類以上のスパイスをブレンドしたカレー南ばんの評判が良く、私達の後ろの席の若夫婦も海老天付きのカレー南蛮を食べていました。普通のお蕎麦屋さんのカレー南ばんとは全く違う、『さとやま』オリジナルの本格カレーが楽しめます。

このカレー南ばん+あいもりは温玉入りの一番辛いレベル2です。一口スープを啜ると若干ながら辛味が足りないと感じてテーブルの一味を掛け回してから頂きました。
熱々のカレー汁は特製調味オイルの効果もあって真っ黒に見えます。和のカレー南蛮と確実に違うのはスパイシー感で、これが堪りません。
あいもりの細麺と極太麺を交互に頂きましたが、どちらもスパイシーなカレー汁に合いますネ。
しかし、残念なのは小ライスを頼んで残ったカレー汁へドボンしたかった。(また忘れてしまったのです…)
カレー南蛮に限らず、冷たい蕎麦の時は二八と田舎のあいもりにして、二つの味を楽しむ事をお薦めします。

もう一つの蕎麦は相方が頂いた玉子とじ蕎麦で、ふわっふわの玉子を一口戴きましたが、食感がとても好いですネ。
熱々の汁はダシが良く効いて優しい味なので、ついつい飲み過ぎますのでご注意を!

■漆黒のカレースープに温玉が浮いて一味唐辛子をたっぷり掛け回しました

■鶏肉がまっくるスープから顔を出しています。温玉を割って蕎麦に纏わせると至福のお味に

■あいもりの田舎蕎麦は極太の色黒で、しっかり噛まないと食べられません

■ふわふわの玉子綴じがたっぷり載って旨そうなたまごとじ蕎麦

■カレー南蛮の種類は五種類で、辛さの段階は三段階あります(レベル2でも激辛ではありません)

■冷たい蕎麦と温かい蕎麦のお品書き。私は温かい蕎麦は田舎で頂く方が好きです

■テーブル席の様子。調味料は山椒(左側)と一味唐辛子でした

■テーブル席から電動石臼が見えます。ここの蕎麦は摩周産(弟子屈町)を使っている様です

■ちょっと風が強くて濃い緑の暖簾が乱れています。暖簾の上の大きな看板目印です

Advertisement

店舗情報

店名 蕎麦 さとやま
電話番号 050-5571-0722
住所

札幌市東区苗穂町10丁目3-15

Googleマップで開く
営業時間 【水曜日】 11:00〜15:00 【月、火、木~日】 11:00〜15:00 17:00〜20:00
定休日 無休
公式アカウント 公式サイト Facebook Twitter Instagram 食べログ