江別市『サラセン人の麦』

ある日、手打蕎麦屋さんをGoogle検索していたら、江別市『サラセン人の麦』と言う面白い店名が引っ掛かった。その発見から一年数ヶ月経過してやっとの訪問です。(しかし、対応が遅いよねぇ…)
到着してびっくり、可愛いログハウス風の建物で、こう言う感じのお蕎麦屋さんはホント珍しいですよネ。店内も外観とマッチして木の感触が満載でとても良い雰囲気です。

このお店は自宅から車で約一時間と結構遠いので、ここぞとばかりに、田舎のもり蕎麦と冷やしたぬき蕎麦の二種類を注文。
先ずは茶色い田舎の太麺から手繰りますが、これは十割太麺なのでしっかりとした噛み心地を味わえます。顎の鍛錬としてお子様達にもお薦めします。もり汁は、他店よりやや薄口に思えます。
一方、冷やしたぬき蕎麦ですが、具材は胡瓜・天カス・蟹カマ・刻み海苔と実にシンプル。外二で打った中細ツルツル麺に薄目のツユをどっぷり掛け回してから一気に掻き込みました。(しかし、冷やしたぬきにカニカマって、久し振りにお目に掛かりました…)

なお、当店では田舎・外二とも摩周産の石臼挽きの蕎麦粉を、野菜類は自家菜園のものを使用しているとの事でした。

*変わった店名の由来は下の写真を参照して下さいネ

■先ずは土日限定(10食)の田舎蕎麦からご賞味

■太麺よりやや細めの十割田舎蕎麦はツルンとした食感で噛み応えあり

■珍しくもカニカマが入った冷やしたぬき蕎麦(外二の中細麺)

■温かい蕎麦のお品書き。目を付けていたのは、ごぼう天蕎麦

■冷たい蕎麦のお品書き。カレーつけせいろも唆りますなぁ

■当店の店名の由来が書かれております…なる程

■木の温もりを感じる店内(憧れますなぁ、こんな感じの居間に)

■入口のエンブレムが渋い(センスが良いですねぇ)

■『サラセン人の麦』はログハウス風ですが、手打蕎麦屋さんとしては珍しいです

 

Advertisement

店舗情報

店名 サラセン人の麦
電話番号 011-383-2828
住所

江別市新栄台6-2

Googleマップで開く
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日(火曜日が祝日の場合は営業)
公式アカウント 公式サイト Facebook 食べログ