十勝 本別町『田でん』(3回目の投稿)

十勝地方の中でも豆の生産量が多い本別町の『田でん』は、珍しくも女性店主が田舎蕎麦を打っています。
この店で頂くメニューは大体決まっていて、冬期間は温かい「ごぼう天そば」、温かい期間は「ごぼう天ざる」か「天ざる」で、時折、舞茸天を単品で追加します。さて、今回の注文は「天ざる」の大盛り。同行者はミニ天丼にごぼう天の単品で、ごぼう天はシェアーで頂く事に。

石臼挽き粉を外一で打った中太麺は、カッチリと締まっていますが、ツルツルっとして食べ易い。しかし、噛まないといけませんね、何せ田舎蕎麦ですから。
鰹出汁を感じる蕎麦ツユは、この太い田舎蕎麦にしてはチト薄目かも知れません。なので、麺はダップリと浸して頂きましょう。(十勝だけでは無く、北海道の地方の蕎麦ツユは、東京の老舗のものと比べると、かなり薄目に感じる店が多いです)

天ぷらはどれもサックリと上がっていますが、単品でも提供されている舞茸の天ぷらが、大振りで舞茸の旨さを堪能できました。
極端な意見ですが、この農業王国の十勝では「天ざる」と言えば、地元で収穫した特産の野菜・木の子だけで提供するのも良いかも知れません。冬場は根菜類だけになってしまいますが、様々な野菜を収穫しているので、拘ってくれるお店があっても良いかも知れません。

同行者のミニ天丼はご飯の量が多目で、400円ではかなりのお得感があると同行者のご意見。なお、十勝産のごぼう天はいつもの様にナマラ旨かった!

■配膳の真ん中上に見える徳利は、蕎麦ツユでは無くそば湯です(初めての時、蕎麦ツユが少なくなったので、徳利から入れようとしたら火傷しそうになった…)

■大盛りとなると結構な量が盛られています。実は、海苔が掛かっていない方が好みなんですが、「海苔抜きで」を忘れてしまった…

■見た目通りにサックリと揚がった海老と野菜たち。海老が二尾入っているので豪華に感じます(天ざるで海老一尾は寂しい)

■中太麺を蕎麦ツユに浸してから、万能ネギとワサビ少々を載せてズルズルっと啜りますが、田舎蕎麦なので噛まなければなりません!

■女性店主が打つ中太麺の田舎蕎麦。冷たいのでも、温かいメニューでも、蕎麦の風味が感じられます

■本別町産の大振りな舞茸の天ぷら。サックリ&ジューシーでナマラ旨いので、単品での注文をする事もあります

■此処のそば湯は茹で汁を使用しています。蕎麦ツユが薄目なのでそば湯で薄め過ぎない様にしましょう!

■同行者が注文したミニ天丼ですが、見た目よりもご飯の量が多い様です。でも、この単品で400円とは!(蕎麦とのセットが条件なら分かるが…)

■サクサクに揚がったごぼう天。これが実に旨いと言うか好きなんですわ。いくらでも食べられそうです!

■今回座ったカウンター席。以前は、長テーブルの対面式だったのですが、コロナ対策でテーブルを壁側に寄せた様です

■手書きのお品書き。太めの田舎蕎麦だからなのか、冷たい蕎麦よりも温かい方が品数が多い様です

■当店にはカウンター席・テーブル席・小上がり席がありますが、このご時世ですので、席の作りが変更される事もあります

■店舗は本別町の市街地にあって、味噌醸造所や豆菓子製造屋に囲まれています(駐車場は、店前に2台ほどと店裏に20台以上駐められます)

来店履歴

2020年08月13日
十勝 本別町『田でん』(3回目の投稿)
2019年08月13日
十勝 本別町『田でん』(2回目の投稿)
2018年08月12日
十勝 本別町『田でん』

店舗情報

店名 田でん
電話番号 0156-22-0288
住所

中川郡本別町共栄18-8

Googleマップで開く
営業時間

11:00~蕎麦が無くなるまで

定休日

水曜日・第3日曜日

駐車場

店裏に広い駐車場あり(約20台)

公式アカウント
  • 食べログ

Advertisement