十勝 本別町『田でん』(9回目の投稿)

十勝へ帰省すると必ず寄る、本別町の手打ち蕎麦『田でん』で昼食です。
13時40分に入店すると、他のお客さんはゼロ。なるほど、昼食時間から外れているからだな。
ここのメニューは八割やつけたけど、その残りのつけ麺スタイル「ごぼう天かしわセイロ」を大盛りで注文。
十勝は牛蒡の産地なので、お品書きにごぼう天があれば注文してしまうんです。

■最近この『田でん』では自家製うどんを始めていて、まだ肌寒いせいか「鍋焼きうどん」の幟が出ていた

■お昼時間から外れていたので、お客さんがゼロだった。蕎麦が無くなるまでの営業時間だが、14時ちょっとで閉まる事が多い

■ほぼ毎年訪問していて、6〜7年間はこのカウンター席に座っている。店内の雰囲気は何年も変わっていないな

■半年振りのお品書きは、50円〜100円ほど値上がりしていた。昨年、蕎麦の収穫量がかなり減った事でそば粉の価格が上がったからネ

幌加内産の石臼挽き粉にを外一で打った中太麺は、そのまま啜ると粗挽粉が混ざっている食感で、ややザラつきがあるもののツルツルっと喉を通って行く。うん、これは美味だわ!大盛りなのでタップリと量もあるし、これは嬉しい限り。
親鳥の薄切りと長ネギが入った熱々のつけ汁に麺を浸すと、そば粉の風味が出て一層美味しくなった。麺がシッカリしているので、熱い汁に浸しても、グニュッと伸びた食感にはなりません。

■この「ごぼう天かしわセイロ」って、つけ麺に別添えとしてごぼう天が付くので、何故か儲かったような気がした

■良く見てもらうと分かると思いますが、大きなな皿にこんもりと盛られている量が、他店の大盛りよりも多い様に思える

■中太麺を近付けて見ると、麺の肌がゴツゴツと言うかブツブツした感じが分かる。これは粗挽き粉が混ざっている証ですな

■冷たいままで啜るとかなりの歯応えだけど、熱いツユに浸すとやや柔くなったと同時にそば粉の旨味がじわ〜んと出て来た

牛蒡の品質が良いのか、サクサクっとした食感で味も抜群、これなら幾らでも食べられそうだ。そのまま食べても良いが、つけ汁にドップリと沈めて頂きましょう。ツユの方に天ぷらの旨味が滲みるしネ!
道東地方の蕎麦店では親鳥を使う事が多く、この薄切りもご多分に漏れずシッカリした噛み心地で、味が濃かった。
〆に、徳利に入ったそば湯でつけ汁を割って一杯頂くと、お腹が一杯になっておりました。
お会計の際に「忙しい所、済みませんが領収書を下さい」とお願いすると、いつもの事なので覚えていてくれて、既に用意されておりました。あ~、ありがたや!

■四角い薄切りにしたごぼう天がサクサクした食感で美味いな。やはり十勝産の牛蒡は違う!(ホントか?)

■親鳥モモ肉の薄切りにはチョット脂身が付いている。この親鳥を知らない人はキット「これ歯応えが良すぎて、硬い感じだな」と言いそう…

■途中からごぼう天をツユにドボンして頂いた。これが大正解で、ツユに美味しい天ぷらのエキスが滲み出したのだ!

■ここのそば湯は徳利に入っていて茹で汁を使ってる。配膳の時からセットされて来るので、若干ながら温くなっていた…

来店履歴

2022年07月01日
十勝 本別町『田でん』(10回目の投稿)
2022年04月30日
十勝 本別町『田でん』(9回目の投稿)
2021年12月16日
十勝 本別町『田でん』(8回目の投稿)
2021年10月17日
十勝 本別町『田でん』 (7回目の投稿) 
2021年09月08日
十勝 本別町『田でん』(6回目の投稿)
2021年08月11日
十勝 本別町『田でん』(5回目の投稿)
2020年12月04日
十勝 本別町『田でん』(4回目の投稿)
2020年08月13日
十勝 本別町『田でん』(3回目の投稿)

店舗情報

店名 田でん
電話番号 0156-22-0288
住所

中川郡本別町共栄18-8

Googleマップで開く
営業時間

11:00~蕎麦が無くなるまで(2時頃)

定休日

水曜日・第3日曜日

駐車場

店裏に広い駐車場あり(約20台)

公式アカウント
  • 食べログ

Advertisement