札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(9回目の投稿)

この日は天候が悪くて肌寒かったので、スパイス注入のために『風堂 /ふうらいどう』へ。
券売機で、鋭角的な辛さが気に入っている「青唐辛子味噌」のボタンを押そうとすると、昨晩に自宅で頂いた激辛カレーのゲップを思い出して、より優しい辛さの「辛味噌らーめん」に鞍替えしたた。勿論トッピングは必須で、味玉とチャーシューを選択。 (ここの名物「とろとろチャーシュー入り半炒飯」も押したかったかったが、チャーシューを追加したので我慢です)

■雨がシトシト降る寒い日だったが、昼時の『風棶堂』の駐車場は結構混んでいた。ひっきりなしに出たり入ったり

■券売機の下段にある「青唐辛子味噌」が狙いだった。コイツは辛さを選べて、激辛にすると躰の中から温まる筈なんだが…

■入店がちょうど12時だったので、皆さんバクバク食べていました。当店一押しの、つけ麺を食べている人が多かったかも知れない

■テーブルの調理料群は、右から胡椒・山椒・カイエンペッパー。味噌ラーメンには、個人的に大好きな一味唐辛子か粗挽き唐辛子が欲しい!

誰が見ても辛いラーメンだと分かるドンブリが配膳されて、赤い味噌スープを味見すると、もうチョット辛味が欲しくてテーブルのカイエンペッパーをガバガバ掛け回し、思い通りの辛さに持って行った。お~ぉ、これは温まりそうだわ。(しかし、これだけ掛けるなら「青唐辛子味噌」でも良かったのではないか…)
札幌のラーメンらしく、モヤシが入っている筈だと味玉の下を捜索すると、炒められた良い香りのモヤシが見えて一安心。

■テーブルに着いて、チャチャっと周りを撮ってスマホをチェックしていたら、なんと約5分ほどで着丼。実に素早い調理!

■ここのチャーシューは他店に比べてかなり小さ目。チャーシュー増しにしたら、嬉しい事に7枚も入っていた

■当店の味玉は、まじ黄身がトロトロ。ふんわりした黄身の味玉が美味いとか言って宣伝しているお店があるが、ここのを食べて見てよ!

■一味唐辛子じゃなくてカイエンペッパーなので、ガツンと来る辛さに注意して掛ける必要がある (と言いつつガッポリ掛けたけど…)

トッピングしたチャーシューが秀逸で、柔らかさ加減や味の染み込み方が好みだったし、一切れが小さ目で食べ易かった。もう少し若ければ、途中からでも小ライスを追加しただろうネ。
札幌スタイルの黄色い縮れ麺を啜って見ると、以前の麺とはチョット違った食感を感じた。若干ながら、モチっとした歯触りだったが、バカ舌が言う事なので信用は出来ないが…
ガツガツ貪って完食した時は、寒さ対策で着ていたフリースのジッパーを全開して、額の汗を拭った。
あ~、美味かったわ!

■小振のチャーシューのお姿です。ただ柔らかいだけではなくて、良いお味が滲みているので、ライスにもピッタリ!

■札幌系の黄色い縮れ麺。舌がバカになっていたかも知れないが、以前と加水率や寝かせが違う様な… (歯に当たった時、硬質な感じがした)

■麺の量はそのれほど多くは無いので、腹ぺこさん達には大盛りをオススメします。でも、ミニチャーハンの方が良いかなぁ ?!

来店履歴

2021年10月25日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(9回目の投稿)
2021年03月26日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(8回目の投稿)
2021年01月15日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(7回目の投稿)
2020年06月29日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(6回目の投稿)
2020年05月19日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(5回目の投稿)
2019年12月11日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(4回目の投稿)
2019年03月28日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(3回目の投稿)
2018年03月11日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(2回目の投稿)

店舗情報

店名 麺 風棶堂/ふうらいどう
電話番号 011-598-0028
住所

札幌市豊平区豊平8条9丁目3-20 三信ビル 1F

Googleマップで開く
営業時間

11:00~15:30 17:30~21:00

定休日

毎月1回の不定休あり

駐車場

店前に8台、店横に3台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement