札幌市南区『木多郎』(2回目の投稿)

つい先日「売り切れ」で食べる事が出来なくて、お隣の『二代目がじゅまる』へ避難したのですが、再チャレンジで『木多郎』へ参りました。今度は絶対に食べるんだぞと言う気概を持って、開店の12分前に駐車場へ到着です。
.
一番乗りで入店して、注文は前回練った作戦通り「やさい」へWエッグ(オムレツ)と、既に一個入っているホールトマトを追加、そしてライスとスープを大盛りにして辛さを4番で指定しました。(辛さのMAXは5番です)
.
配膳された大きな器を覗くと、オクラ・菜の花・ブロッコリー・ピーマンの緑色とWエッグの黄色の二色がスープを覆っています。惜しむらくは、人参・茄子・ホールトマトが見えていれば、色彩的にカラフルになったのですが…
スープはトマトを感じるコク深い味で、辛さ4番はバシッとしたスパイス感があり、食べ進むほどに躰の中から温まって来ました。
う〜ん、やっぱり『木多郎』のスープはナマラ旨くてライスがガンガン進みわすわ!
具材が多くスープもライスも大盛りなので、最後のスプーン三口分がちとキツかったのですが、2019年最後のカレーを美味しく完食出来ました。
.
ここのカレーは半年に一度は食べないと、何か満たされない気持ちに陥る事があるし、久々に頂くととても気分がスッキリするので、無くなると困ってしまうお店です。
.

■一見では普通のスープカレーの様相ですが、いつもよりカレーの器が大きくて、ライスもこんもりと盛られています

■緑色の具材は、左からオクラ・菜の花・ピーマン。それらの手前側に赤茶色のカレースープが見えます

■真上から見ると緑色と黄色ばっかりですが、ちょっとオクラを退かして見ると、人参と茄子が顔を出しました

■Wエッグ(オムレツ)に焦点を当てると、外見は薄っすらと焦げが見えますが、食感はフワフワでした

■ライスの器、かなり昔から使われていて、こんもりとライスが盛られています(いつも大盛りにするのですが、チト多過ぎじゃないのか…)

■トッピングした都合上、ホールトマトは二個入り。これを半分に切ってライス・カレースープと一緒に頬張ると最高です!

前回の訪問時からはメニューが変わっていました。嬉しいのは、スープが大盛りに出来る点です!

■数量限定メニューは「豆腐カリー」の様で、牡蠣が入る方がメチャ旨いんです(実証済み)

■L字型カウンターの一番奥に座って撮った景色です(カウンター9席、テーブル12席:全21席)

■『木多郎』は複数の店舗が入った二階建てのビルにあります(因みに、『二代目がじゅまる』は右側の道路を隔てたお隣です

来店履歴

2019年12月27日
札幌市南区『木多郎』(2回目の投稿)
2018年07月05日
札幌市南区『木多郎 』

店舗情報

店名 木多郎 澄川本店
電話番号 011-814-1203
住所

札幌市南区澄川6条4丁目2-1 澄川ビル 1F

Googleマップで開く
営業時間

11:30~14:30(L.O 14:00) 17:30~20:30(L.O 20:00) [土] 11:30~14:30(L.O 14:00)

定休日

日曜日・祝日・第2土曜日(週の中日の祝日は営業)

駐車場

店前に4台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement