札幌市豊平区『香村』(13回目の投稿)

近くへ買物に出掛けたらメイン道路の水源地通がノロノロ運転で、普段は3分で到着する筈のイオンへは10分以上も掛かってしまった。そう、北海道の冬道は仕方が無いんですよね…
お腹が空いていたので、その朝にTV録画で見たうどんを食べるシーンに触発されて、一切の迷いも無く手打ちうどんの『香村』へ急行しました。

11時10分過ぎの入店だったので店内は七割ほど埋まっており、いつものカウンター席の一番奥が開いていてホッと一息。注文を取りに来た女将さんへ「鍋焼きうどん」と即座に声を発した。

◾️水源地通を走っていると、この大きな手打ちうどんの看板が現れます。駐車場が広くて20台ほど駐められます

◾️暖簾が若干ながらヨレて来ておりますなぁ。結構重い引き戸を開けると「いらっしゃいませ〜」と迎えてくれます

◾️当店にはカウンター席が二ヶ所あり、私は奥側の一番端っこに好んで座ります。その場所からの一枚。

◾️テーブル常備の調味料は、右から一味唐辛子・白胡麻・天カスです。カレーうどんには山椒が欲しいかなぁ…

先客が結構居たので20分ほど待って配膳された。あれれ、前回頂いた時の鍋焼きの器は白っぽかったのだが、目の前にあるのは黒に変わっていた。
超熱々の鍋焼きうどんの具材は、玉子・蟹の団子・帆立・海鮮餃子・長葱・ホウレン草・蒲鉾・餅・天カスで、海老天はクタクタになるのが嫌なので別添えしてもらった。
天カスはツユが滲みてクタクタになった方が良いが、海老天は衣が剥げ落ちるので、熱いツユに長く浸すのは良くないと思っております。

極太麺と具材を別の器に取り分けて、一味唐辛子と白胡麻を掛け回してからズルズルっと啜り込む。煮込んではあるがうどんには心地よい歯応えが残っていた。この日は普通(やや硬目)の茹で加減だが、かため・やわめ・やわやわ等の指定が可能です。個人的には、温かいうどんはやわめで冷たい方は普通が好みです。

◾️前回、鍋焼きうどんを頂いたのは2018年ですが、その時は白っぽい良くある土鍋でしたが、今回は黒に変わっていた

◾️鍋焼きの具材はその時々で少しずつ変わる様で、以前は餅巾着や蟹の爪が入っていた事がありました

◾️この割り箸よりも太い極太麺が持ち上げ難いんですわ。煮込んだ際に鍋底にくっ付いた部分もあるのでネ

器へうどんを移そうとすると、麺が長い事とうどん自体が重いので箸でコントロールするのには結構苦労します。それに、時折ピシャッと跳ねる事もあるし、熱いので気を付けましょう!
麺も具材も量が多いので三回に分けて器に盛ったが、一番気に入ったのは最後まで温存しておいた玉子の黄身を麺に絡ませて食べたヤツです。そう、玉子は裏切らない!玉子好きとしては二個入りにしても良かったかもネ。

寒い冬の定番と言えばやっぱり鍋焼きうどんですよねぇ、完食時には額に薄っすらと汗が滲むほど躰が温まりました。

◾️写真では分かり難いかも知れませんが、器の具材はほうれん草・天カス・蟹の団子・海鮮餃子・蒲鉾・帆立です

◾️こちらの具材は、餅・ほうれん草・海老天・天カスです。餅がキッチリ煮込まれているので良く伸びます

◾️これが一番気に入った玉子と天カスだけのバージョン。トロトロの黄身が麺に絡まって最高のお味でした

来店履歴

2024年01月21日
札幌市豊平区『香村』(13回目の投稿)
2023年12月24日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(12回目の投稿)
2023年07月02日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(11回目の投稿)
2023年03月29日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(10回目の投稿)
2023年02月19日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(9回目の投稿)
2022年12月01日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(8回目の投稿)
2022年08月11日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(7回目の投稿)
2021年11月14日
札幌市豊平区『香村/こうむら』(6回目の投稿)

店舗情報

店名 手打うどん 香村/こうむら
電話番号 011-582-1222
住所

札幌市豊平区西岡3条13丁目2-8

Googleマップで開く
営業時間

11:00〜14:30(なくなり次第終了)

定休日

土 日 祝日

駐車場

店前と横で20台ほど

公式アカウント
  • 食べログ

Advertisement