札幌市清田区『松栄庵』(12回目の投稿)

そろそろ新そばを提供している筈だと、手打ち蕎麦『松栄庵』へ偵察がてらにご訪問です。
開店の11時丁度に駐車場に到着すると先客の車が2台あって、既に店内に入っていた。
入口を入って直ぐに「今日の玄そば」の札が掛かっていて、「夏そば茨城県産キタワセ種、北海道美瑛産」と書かれていた。これは茨城産の新そばを八割、美瑛産を二割でブレンドしているとの事。「札幌で新そばを提供するのが一番早いんじゃないの?!」と聞くと、「7月中旬には提供しているから」と大将はニッコリ頷いておりました。

■これは帰りの11時35分の駐車場で、きっと12時までには満車となった筈。なお。店前の通は真駒内御料札幌線です

■入口を入ると直ぐに「本日の玄そば」の札が目に入る。今日は何処の蕎麦だろうと、この札を見るのも楽しみの一つだ

■いつもの八人掛けのテーブル卓の右端に座って一枚撮って見た。この時季のお薦めは「桜えびのぶっかけそば」だった

さて注文は、冷たいお品書きの中で唯一未食だった「梅おろし」におにぎりをセットして注文した。「あれ、ミニ天丼じゃないんだ…」と呟いた、女将さんの予想は外れた。
つけ汁に入った具材は、梅干し・大葉・大根おろし。いつもより平べったい麺を、ツユに浸してズルズルっと手繰り込むと、梅干しの酸味と大葉の風味が涼味を与えてくれた。このクソ暑い時季には最適なメニューですわ。
しかし、この茨城県産の新そば、いつもより太目だからかバシッと締まっていて、完全にワタクシ好みの歯応え。これは大盛りにしたいよなぁ~。(当店には大盛りが無い…)

■三種類の具材が蕎麦ツユに入った「梅おろし」と、女将さんの期待を裏切ったオニギリのセット。シンプルながら良いコンビネーションだ

■当店には大盛りが無いが、盛りの量はまぁまぁあるので、少食の方はオニギリが無くても充分だと思われる

■種を抜いた梅干し・大葉の細切り・大根おろしとサッパリ系の具材が三種類。夏の暑い時季にはこれだわ

■大将に聞くと、蕎麦の種類や出来具合によって麺の太さを変えているとの事だった。今回のはやや平打ち気味だった

■硬過ぎず柔らか過ぎずで丁度良い歯ごたえの茹で上がりだ。やはり此処の蕎麦は安定感が抜きん出ている

蕎麦をやつけると、つけ汁をそば湯で割って置く。
海苔がピンと立った小さ目の梅干しと鰹節のオニギリをパク付いて、そのそば湯で流し込む。う~む、かえしが良いのでそば湯で伸ばしても、とても味が良いなぁ。これは汁物代わりになるわ。
丁度良い満腹感で完食。さて、次の新そばは何処産になるのか、楽しみにしております。

■オニギリが小さ目なので半丁の海苔に余りがある。しかし、梅と鰹のオニギリはその蕎麦にも合うので重宝している

■薄っすらと白いそば湯は別誂えで、美味しいかえしを割って二杯頂くのがいつももの〆です

来店履歴

2022年08月04日
札幌市清田区『松栄庵』(12回目の投稿)
2022年03月03日
札幌市清田区『松栄庵』(11回目の投稿)
2022年01月14日
札幌市清田区『松栄庵』(10回目の投稿)
2021年10月31日
札幌市清田区『松栄庵』(9回目の投稿)
2021年09月22日
札幌市清田区『松栄庵』(8回目の投稿)
2021年04月01日
札幌市清田区『松栄庵』(7回目の投稿)
2021年01月28日
札幌市清田区『松栄庵』(6回目の投稿)
2021年01月09日
札幌市清田区『松栄庵』(5回目の投稿)

店舗情報

店名 松栄庵
電話番号 011-886-0855
住所

札幌市清田区真栄4条2丁目19-3

Googleマップで開く
営業時間

11:00~16:00(売れ切れ仕舞い)

定休日

火曜日、第3月曜日(祭日の時は営業)

駐車場

店前7台

公式アカウント
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement