札幌市『ラーメン:惜しくも閉店(2)』

●札幌市東区『チャルメラ番長』

ラーメンのネーミングが面白く、普通男(フツオ)・アツ男・カラ男・イタ男の順で辛くなる仕掛けです。なお、イタ男は辛過ぎる為か、メニューには載っておりません。
この写真は大辛のカラ男でして、ラーメンの天辺にドカッと載った辛肉味噌をスープに溶かしながら辛味を調整するのでが、この量なので最後の方ではかなりの辛さとなります。スープは味噌ラーメン専門店『ブタキング』仕様の特製味噌スープなので味は間違いありません。断面が四角い極太麺をフ~フ~と冷ましながら、熱くて辛いラーメンを啜る内に額から汗がドンドン流れ出して来ました。ハンカチを持っていて助かりましたわ。。。

■カラ男の丼の天辺にはメチャ辛い肉味噌がドカンと載っています(これがマジ辛い)

■このメチャ辛いラーメンには、この四角張った縮れ太麺しか対応できませんね

■ラーメン店の前は居酒屋さんだった様な感じがします

 

●札幌市豊平区『五世館』

中の島ショッピングセンターの表側にちょこんと張り付いた様な形の、僅かカウンター5席だけの小体なラーメン店『五世館』がありました。営業期間が一年あったかどうかでしたが、提供していたラーメンはセンスがありましたね。
写真は醤油ラーメンの味玉入りです。メンマの代用なのか細長い牛蒡が入っていて、その上には細切りの人参が飾られています。ちょっと風貌が変わっていて面白いですね。黄色い鶏油が覆う熱々の鶏清湯のスープはコクがあって旨いし、ストレート細麺の茹で具合が硬目でバッチリでした。このラーメンが無くなるとは、ちょっと勿体無いなぁ。。。

■カラフルで盛り付けが良い醤油ラーメン。スープ表面は鶏油で覆われて熱々です

■このストレート中細麺の茹で加減が良かったですねぇ

■見えているガラス戸4枚分がカウンターの長さと同じで5席しかありません

 

●札幌市豊平区『彪/ひょう』

帯広の名店『みすず』で経験を積んだ若きイケメンが店主の『彪』は、喫茶店を居抜きのまま使っている様な、ラーメン店らしくない雰囲気でした。夜は一転して、スナックの様なお酒を出す営業をしていた様です。
写真は醤油ラーメンです。真っ黒なスープには多めのラードが浮いていて、「昔良くあったよなぁ、こんな感じのスープ」的なお味で、ネギ・モヤシ・ほうれん草の野菜が多のも嬉しい。かなり黄色い多加水のプリプリ中細麺は、いつも私好みの硬目に茹でられているので良く通いました。味噌ラーメンも美味しかったよなぁ。。。

■具材が多目の醤油ラーメン。チャーシューを丼の淵に貼り付けるのは『みすず』と同じです

■ラードがプカリプカリと浮いた醤油スープは、何故か懐かしさを感じるお味です

■外観が喫茶店っぽい『彪』ですが、内装もそれらし雰囲気でした

 

●札幌市白石区『五郎八/いろは』

大昔に通っていた自動車学校付近を走っていて発見したラーメン店で、駐車場の看板を見て「ごろはち」と読んでいました。メニューに店名『五郎八』が書かれていましたがルビが打てれていなかったので、「いろは」と読む事が判明したのは、数日後に食べログを見ての事でした。(これはかなり難しい当て字ですよね)
この時の注文は、味噌ラーメンに味玉をトッピングです。デフォで味玉が半分入る事の確認が無かったので、出てきたラーメンを見て吃驚、味玉が1個半。
見た目からも感じられますが、豚骨のコクを感じる脂多目の味噌スープはとても風味があって、飲み口が非常に良かったので、危うく完飲してしまいそうでした。麺は味噌ラーメンには絶対的にマッチする札幌系の黄色い縮れ麺でした。

■脂が多目ですが非常に飲み易い味噌スープ

■札幌系の黄色い中細縮れ麺は、味噌ラーメンに良く合います

■駐車場の看板には小さく「いろは」と書かれていますが、殆どの人は漢字を見て「ごろはち」と思っている筈です

●札幌市豊平区『キングブー:King Boo』

味噌ラーメン専門店『ブタキング』の店主が立ち上げた『キングブー』ですが、オープン後かなり長い間一人で切り盛りしていました。だからなのか、メニューは実にシンプルで、ラーメンと特製ラーメンの二品。ラーメンは分厚いチャーシュー1枚と刻み玉ねぎのみ。特製はそれにチャーシューが1枚増えてキャベツ・味玉が追加されます。
特徴は何と言ってもスープと麺。豚骨から徹底的に旨味を搾り取った少しトロ~っとした濃厚スープには厚い油膜も見えます。これを飲み干した日は、お腹が減らないものですから軽い夕食しか入りません。麺は平打ち麺を手揉みして縮れを出したもので、あの『煮干し AG』で使っていたごんぶと麺を彷彿させるモチモチ感。これはハマる! (もうハマれないか…)

■分厚いチャーシューが2枚の特製ラーメン。このスープは実にどっしりしていて、お腹にズシンと来ます

■この平打ちの手揉み麺がモチモチして、好きな人はハマります

■『キングブー:King Boo』の店舗は、現在『博多ん娘』が営業しています

Advertisement

店舗情報

店名 『チャルメラ番長』『五世館』『彪/ひょう』『五郎八/いろは』『キングブー:King Boo』