十勝 帯広市『ぶたいち 帯広本店』

ご存知の様に豚丼は十勝の名物料理ですが、お肉の焼き方が3パターンあり、お店によって異なります。一番オーソドックスなのが豚丼の元祖『ぱんちょう』が行なっている”炭火網焼き”で、大行列店の『とん田』は”グリル網焼き”方式を採用しており、三つ目が真っ黒豚丼で有名な『鶴橋』の”フライパン焼き”となります。
ここで紹介する『ぶたいち』は”炭火網焼き”で、備長炭を使って焼いたお肉が柔らかくて美味しい事で人気を博し、帯広周辺で三店舗、東京・埼玉にも一店舗ずつ出店して十勝発の豚丼の旨さを伝えています。

この写真は「特上ロース大盛り」に温泉卵をトッピングしたものです。これだけお肉が多いと、ご飯とのバランスが悪くなるので、ご飯も大盛りにするのがベターなのですが、この時はその注文を忘れていました…
先ずは温泉卵の黄身を割って、黄身が流れたお肉を頬張ってご飯を掻き込むと、これぞ至福!ガツガツと箸が進みます。
厚みのあるロース肉は十勝産を含む北海道産のみを使っていて、炭焼き独特の焦げた箇所が実に芳ばしくて旨いのです。お米や卵にも拘りがあって、下記の様に使用素材を公開しています。う~ん、信用できるお店ですネ!

【使用素材のご案内】ホームページより
■北海道産
豚肉(十勝・留寿都・道央圏)、醤油、砂糖、水飴(道内各地)
長ねぎ(十勝・道央圏)、昆布(松前・日高)
卵(中札内)、小麦粉(美瑛・道央圏)、ハーブ(中札内)
■道外産
米:コシヒカリ、塩、鰹節、鯖節、アゴ節、生姜
■海外産
胡椒、山椒他各種スパイス類

■どどんとドンブリに満遍なく盛られたロース肉、迫力満点です!(これでご飯が大盛りに出来ていたら満点でした)

■手前のお肉の脂身が見えていて、お肉の厚みが結構ある事が分かります(お肉のツブツブはブラックペッパーです)

■ここの豚丼は、大好きな温泉玉子の黄身を割って、黄身が付着した肉を頬張るのが楽しみなのです

■箸袋の赤い色が映えていて、豚ちゃんのロゴも可愛い。なお、テーブルの調味料群は山椒・胡椒・一味唐辛子でした

■当店の素材に対する拘りが書かれていますが、ホームページには産地も記載されていました

■右横のお客さんが退席したので急いでカウンター席をパチリ(カウンター8席、テーブル30席の大型店です)

■店前にたくさん人がいたので、このアングルでしかお店を撮れませんでした…

Advertisement

店舗情報

店名 ぶたいち 帯広本店
電話番号 0155-26-4129
住所

帯広市西8条南11丁目1-2

Googleマップで開く
営業時間 11:00~20:00
定休日 無休
公式アカウント 公式サイト Facebook 食べログ