札幌市豊平区『昌の屋/まさのや』

南平岸から中の島方面へ抜ける道すがらに濃い茶色の板塀が特徴的な『昌の屋』が現れます。10台以上駐められる駐車場があるので、車文化の札幌では有難いお店です。お昼は蕎麦屋さん、夜は居酒屋(蕎麦もできます)での営業です。

初めての訪問時は温かいたぬき蕎麦に生卵を落として貰ったのですが、ドンブリの中を覗くと薄く切った牛蒡の素揚げが入ってました。これは珍しいと感心する間も無く卵焼きを発見です。(おかめ蕎麦や五目蕎麦では普通だけど) う~む、たぬき蕎麦は夫々のお店で少しずつ具材が異なりますが、ここはユニークですねぇ。。。

次に訪れた時は暖かい陽気だったので冷たいたぬき蕎麦を注文です。温かいたぬき蕎麦がユニークだったので楽しみにしてたのですが、こっちの方がより強烈でした。たぬき蕎麦なのだから絶対載らない海老天を初め、大葉天・揚げ牛蒡と卵焼が冷たい麺に鎮座しており、定番の天カス・胡瓜・蒲鉾を押し退けています。見た目は誰もが「海老天ぶっかけ」とか言う筈です。

もう一つは手打ち麺を見て貰うのに格好なもり蕎麦で、幌加内産の粉を二八の中細に打っています。これをもり汁にダボっと入れずにチョイつけで頂いた方が宜しいかと思います。

■温かいたぬき蕎麦に黄身を落としております

■冷たいたぬきそばは具沢山で麺が見えない

■幌加内産の粉で二八の中細麺に仕上がっております

■夜は居酒屋なので、その雰囲気がありますネ

■『昌の屋』の目印は茶色い板塀 右側の駐車場がかなり広い

Advertisement

店舗情報

店名 昌の屋/まさのや
電話番号 011-811-6500
住所

札幌市豊平区平岸2条15丁目5-16

Googleマップで開く
営業時間 11:00~22:00
定休日 月曜日
公式アカウント Facebook 食べログ