札幌市東区『きよ福』

前回、当店へ訪問したのは6-7年前でカウンター席に座った事まではハッキリと覚えていますが、何を食べたかが思い出せない。まして、写真も残っていなかったので、初訪問のお蕎麦屋さんと同じ様に冷たい蕎麦を注文する事だけを決めて入店です。

大きなメニュー表を眺めると、天丼・カレー丼・牛丼などのドンブリものと蕎麦のセットやランチメニューが充実しています。この日は蕎麦をたくさん食べたかったので、「天せいろ」の大盛りを注文。

出て来た蕎麦は「典型的な二八蕎麦」と言った感じの中細麺で、大きな皿にごそっと盛られています。う~ん、量が多い!
天ぷらの具材は海老・鱚・烏賊・椎茸・獅子唐・茄子で、どれもカラリと揚がっています。
その天ぷらをパクつきながら、冷たく締まった中細麺をスルスルっと手繰って行くと、あのボリューの蕎麦が数分で無くなりました。やっぱり、蕎麦が好きなんですわ!

■天麩羅の器や具材の感じと蕎麦の大皿を比べると、麺の量がかなり多い事が分かります

■カラリと揚がった天麩羅の中で2個ずつあった、海老と茄子をお友達へ提供(蕎麦の量が多いのでお手伝いの依頼です)

■蕎麦は大きな皿に盛られています。水切りをキチッとしなければ底の蕎麦が水っぽくなりますが、当店は大丈夫

■スッキリタイプのもり汁(辛汁)。天麩羅は海老のみ抹茶塩で食べて、他はこの汁に浸して天麩羅の旨味を移しました

■A3サイズ程の大きなメニュー表。セットメニューやランチメニューの注文が多かったですね

■ランチCは蕎麦+五種類の天麩羅+ご飯+お新香と充実した内容ながら、880円とお財布に優しい価格設定です

もう一品は、同行の友達が頂いた「玉子とじそば」です。
ふぁわぁっとした玉子とじがドンブリ全体を覆っています。20年くらい前ですと、良く「もりそば・玉子とじ」の両方を注文してものですが、今ではかなり無理をしなければ完食出来ません。
この「玉子とじそば」は店ごとにその綴じ具合(柔らかさ・量・味付け)が違うので、玉子好きはそれぞれを評価しながら頂くのが楽しみなのです。

■この「玉子とじそば」は、玉子の色が濃いので事前に”かえし”などで調味している様です

■ふわぁふわぁっとした玉子綴じは量が多いので、玉子は2個を使いと思われます

■当店は大きなマンショの一階で、店舗前と左側に8台分の駐車スペースがあります

■『きよ福』は交通量の多い篠路通りにあって、店前の幟が目立っているので分かり易い

来店履歴

2018年06月20日
札幌市東区『きよ福』

店舗情報

店名 蕎屋 きよ福
電話番号 011-784-5454
住所

札幌市東区北39条東20丁目1-10 ウィンコート20一階

Googleマップで開く
営業時間

11:00~19:00

定休日

水曜日

公式アカウント
  • 食べログ

Advertisement