札幌市西区『紫檀/したん』

昨年の10月28日、免許更新の帰りに『紫檀』に寄ると、何と13時15分なのに「売り切れ」の札が入口に掛かっていました。その時のリベンジで、今回は開店と同時に入店。
早速ながらその話を大将にすると、「そんなに混んでた事ってあったかなぁ」と記憶にはありませんでした。
.
昨日から練っていた作戦は、「大盛りがなければ、もりとかけの二食。あれば辛味大根」と決めていたのですが、「大盛り出来ます」と女将に聞くと「三百円増しです」との返事で、そっと胸を撫で下ろしました。この歳で二杯食べるのは、蕎麦好きだけどキツイからネ…
因みに、当店は外観渋めで実は優しい若き店主と、可愛い女将さんの二人三脚営業です。
.
本来の目的であった「辛味大根」が登場。ひと目でシャッキリと締まっているのが見て取れる麺は、一口啜るとドストライクの旨さ。お~、私が大好きなカッチリ締まっていて喉越し抜群の蕎麦に会えました!
そば粉は黒松内奈川種を外一で打っていると書かれています。(この蕎麦は名店『此花』と同じ生産地)
蕎麦ツユもかえしが良いのでしょう、醤油の角が取れて円やかです。
一心不乱に手繰っていたら、女将が「美味しそうに食べますねぇ~」とお褒め言葉なのか、オヤジ風情のガッツキ方が酷かったのかは判然としませんが、旨いものを食べて喜んでいる事は分かって頂いた様です。
しかし、美味しいものは直ぐに無くなるって事で、3分10秒で完食。
.
別誂えの白濁したそば湯をゆっくり飲みながら、夜営業のお品書きを眺めると「宮城県産生海苔蕎麦」とあるので、大将に聞いてみると「この時季の花巻そばは生海苔を使ってます」との返事。これがある内に必ず食べに来る事を約束して、お会計。
.

■最初に配膳された板お盆(次の写真)へ蕎麦が追加されると、う〜ん、見違えるほど旨そうに見えるのが、不思議!

■注文して少し経つと肝心のお蕎麦が無い板お盆が配膳されました。その時、箸置きを見て当店のセンス感が判然としました

■大盛りがあるかネットで確認できなかったのですが、しっかりと量がある大盛りにありつけて満足至極!ここの蕎麦の歯応えと風味は抜群!

■長葱の切り揃えを見ると、偉そうですが職人の本気度が伺えます。ここは綺麗でかつ辛味が出ていないのは包丁が鋭いのでは!?

■蕎麦ツユへ麺を投じてから長葱・辛味大根・少量のワサビを足して、ズズッと啜り込むと喉越し&風味が抜群で脳ミソが即答、マジうめぇ〜!

■別誂えのそば湯は蓋の無い容器で供されて来ました。それだけで少し飲むとそば粉の優しい旨味を感じます

■残っていた蕎麦ツユを猪口へ移し入れ、そこへそば湯を注ぎ込むと、黒いツユに混ざって行く色の変化が面白い。そして、これが旨い!

■一人で来店なのでカウンター席へ御案内されました。夜営業が主体と言うお店だけあって、チャントしたお絞りが出て来ます

■若干ながら古ぼけ掛けて来ているお品書きは、昼夜営業とも潔く少数精鋭(しかし、夜営業では当日オススメが充実!)

■これが大将に見せて頂いた1月26日夜営業のオススメ。まぁ、美味しそうな肴とお上手な筆遣いにビックリですわ!

■カウンターの上には夜営業で頂けるお酒が並んでいました(う〜ん、真ん中の二本は飲んだ事が無い)

■カウンター席の奥から入口に向かっての一枚。良いお店なのに、逆光だったのでエフェクトしてこれが精一杯…技術的問題あり

■住居ビルの一階と言うか半地下というか。お店は歩道から階段を下って行く事になります

■『紫檀』は地下鉄:宮の沢駅の直ぐ裏側。駐車場は、お店の入口脇の駐車場の右端です(一台分)

来店履歴

2020年02月05日
札幌市西区『紫檀/したん』

店舗情報

店名 手打ち蕎麦と焼鳥 紫檀/したん
電話番号 011-668-8010
住所

札幌市西区宮の沢1条1丁目6-17

Googleマップで開く
営業時間

【月火金土日】 11:30~15:00(L.O 14:30) 17:30~23:00(L.O 22:30) 【木】 17:30〜23:00(L.O 22:30)

定休日

水曜日 他 水曜祝日、祝前日は変更有

駐車場

店横の指定駐車場に1台(紫檀の札あり)

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • Instagram
  • 食べログ

Advertisement