札幌市中央区『bembera mambo:ベンベラマンボ』

2016年8月創業の、まぜそばとタコライス『bembera mambo』は、狸小路7丁目のアーケードが終わった所を左に曲がったM’sビルディングの三階です。店に辿り着くには狭くて急な青色の螺旋階段を登りますが、最初に行った時は非常階段かと思い、エレベータを探したものでした。このビルには十数軒の小体でユニークな飲食店が集まっていて、一軒ずつ探検して見たくなります。(まぜそば・日本酒立飲み・イタリアン・カフェ・ワイン酒場・中南米料理・居酒屋と何でもござれ)

創業当時は18時からの開店なのでなかなか行けなかったのですが、日曜だけ昼営業をやるとのtwitter告知を見て翌日に訪れました。13時10分に入店すると、既に女子グループがテーブル席におりました。(この娘達も昨晩の告知で知った筈、SNSは情報伝達が早いですわ)
この時に頂いたのが、台湾まぜそばに味付けうずらをトッピングして、無料の追い飯も付けました。5分程で着丼、実に手際が良いですネ。具材は、パクチー・卵黄・挽肉・バラ海苔・ニラ・ネギでたっぷりと載っています。ドンブリが昔の中華そば用で小さ目なので、ドンブリの底に溜まったタレと麺・具材を混ぜようとすると溢れ出そうになるので要注意。タレも挽肉も辛味を抑えてあるのか、混ぜ込んだ後も優しいお味。これを一気に掻き込んで、〆の追い飯をブチ込み、フィニッシュ。先客の女子組を追い抜いてお会計です。(混ぜ込み後の写真は、ドンブリの中の見映えが悪かったので載せていません)

帰り際、次回はタコライスを食べに来る事をマスターにお約束しました。

■台湾まぜそばは、たっぷりと載った具材で麺が全然見えませんね

■混ぜ込んだ後は、パクチー・ニラ・ネギの好い香りが印象的でした

■創業当初の日曜営業のご案内「ONLY SUNDAY OPEN13:00-20:00」の文字が見えます

■厨房との間の仕切りに掲げられた手書きメニュー(季節限定が色々出て来ます)

朝のTV番組で『bembera mambo』が紹介されている場面を観てから、開店時間の13時に腹ペコ状態で入店です。注文は、当然ながらTVで紹介のメキシカンまぜそばです。既に卵黄が入っているのですが、温玉と追い飯がサービスでした。
具材は、卵黄・挽肉・トマト・パクチー・チーズにサルサソースとマヨネーズが掛かっていて、これをザックリ混ぜて辛味を足したければカイエンペッパーと粗挽き胡椒をブチ込む訳です。うんうん、麺と具材とソース類が渾然一体となって風味豊か、かつスパイシーで非常に美味しかったです。だけど、前回来店時に、次回はタコライスを食べに来る、と言った筈なのですがねぇ…

■メキシカンまぜそばは、やはりサルサソースが決め手でした

■辛い物好きは、右にあるカイエンペッパーと粗挽き胡椒をスプーン2杯ずつ振り入れれば満足するでしょう

■カウンター席とテーブル席がありますが、時折レイアウトを変えるので席数は変動(9~10席)

■通常営業を13:00-20:00に変更した際の看板です(冬は15:00開店になるそうです)

お腹一杯のまま交通機関に乗って帰りたくないので、狸小路5丁目のJAZZ喫茶の老舗『JAMAICA』でジンジャエールを飲んで1時間ほど腹ごなし。帰り際にドアを見て気付いたのですが、当店は1961年創業なのでもう少しで60周年。そうか、私は40年近く通っている事になりますなぁ…

■三階の狭い通路の奥に『bembera mambo』が現れます

■3階建てのビルには青い螺旋階段が張り出ていて、それを使って上階へ登ります

■ビルの前には各店の看板が所狭しと並んでいます

■ドアにSince1961年と書かれていました。テーブル席の向こう側は名機Paragonと2万枚のレコード

Advertisement

店舗情報

店名 bembera mambo:ベンベラマンボー
電話番号 011-212-1758
住所

札幌市中央区南3条西7丁目 M'sビルヂング 3F

Googleマップで開く
営業時間 13:00〜20:00
定休日 不定休
公式アカウント Facebook Twitter Instagram 食べログ