十勝 清水町『目分料』(2回目の投稿)

年に五回くらい十勝へ帰省して手打蕎麦や豚丼を楽しみますが、今回は、昨年9月に先代が急逝して3月に復活オープンした『目分料』が気になっていたので訪問して見ました。
札幌市から清水町までは150kmほどありますが、ピッタリ11時の開店時間に駐車場へイン。(何度も通っているので、距離があっても時間が読めます)

一番乗りで入店して大きなテーブル席へ案内され、座った途端に「かき揚げせいろを大盛りで」と注文。
店内を見渡すと、以前と雰囲気もメニューも変わっていないので、何故か一安心。
そして、蕎麦が配膳された頃には、どんどんお客さんが詰め掛けて来ていました。うんうん、やっぱり蕎麦好きはここへ集まるんだね。

かなり厚みがあるかき揚げをザックリと割って見ると、小海老をはじめ、人参・紫玉葱・牛蒡・百合根・パプリカ・茄子・大葉がぎっしりと詰まっています。これだけ具材の種類が多いと、雑多な感じになりそうですが、味のバランスも良くて、かつサックリと揚がっていナマラ旨いのです。
当店では天ツユが出ないので、蕎麦ツユを付けて頂く事になるのですが、間口が広い器が出されるので、非常に食べ易かった。

典型的な二八の中細麺は、バシッと締まった食感が今一つながら、そば粉の風味が良く出ています。(やはり、未だ先代の域に達していないのかも…)
蕎麦を手繰っている最中にチョット気になって伝票を見ると、やはり大盛りになっていません。此処は大盛りにするとてんこ盛りになる事を思い出したのです。まぁ、並盛りでも他店よりも量が多いし、かき揚げもタップリなので、今回はそのまま完食して、〆のサラサラそば湯を二杯頂いてお会計へ。
腹は八分目なので、その後の運転には丁度良い量だったかも知れません。

お会計の際に、「先代のお弟子さんが蕎麦を打っているんですか?」と聞くと、まぁそんな感じですとの曖昧さが残るお応え。(後で、奥さんが先代からそば打ちを習っていて、技を引き継いでいると判明)
以前は、13時チョット過ぎには売れ切れ仕舞いだった盛況さは、これから引き継いだ方の腕に掛かっていて、かなりのプレッシャーだと思います。また、時間を置いて状況確認に訪問して見たいと思います。

■御膳には、大きなかき揚げとセイロに盛られた二八蕎麦、そして蕎麦猪口じゃなく、かき揚げ用の大き目の器に蕎麦ツユが張られています

■典型的な二八蕎麦の様相で、茹で加減はチト残念な柔らか目。麺の量は他店よりも多いので、大盛りは蕎麦好きな方に向けです

■高さがあるかき揚げの上の方には小海老が見えます。サックリと揚っているので食後のモタレはありません

■かき揚げを割って見ると、出てくるわ出てくるわ様々な具材!次回は何が入っているか楽しみになります

■個人的には、薬味には山葵はちょっとしか使わない方で、大根おろしか辛味大根が好みです(本山葵なら好きなんですが…)

■二八の中細麺を手繰り上げて一気に啜り込むと、蕎麦の香りが楽しめます。惜しむらくは茹で加減…

■当店のそば湯は茹で汁を使います。私は一番乗りのお客だったので、当然ながら茹で汁はメチャ薄目…

■案内された広いテーブル席(カウンター席代わりの七人掛け)の様子

■冷たい蕎麦のメニューで、お得なのが「あいのり鶏ごぼう」。蕎麦をたくさん食べられて、熱いツユと冷たいのも楽しめます

■当店では温かい蕎麦を薦めていないので、お品書きには僅か五品しかありません…

■『目分料』の店名に関わる馴れ初めが書かれています

■私の座った広いテーブル席の脇を見ると、蕎麦ツユの命でもある「かえし」の瓶が並んでいました。少し分けて欲しい所です…

■広い店内の真ん中に大きな薪ストーブがド〜ンと鎮座しています。冬はこれ一台で店内を暖めています

■入口脇にある打ち場。私が入店した時に、女将さんらしきがここで打った蕎麦を確認していました

■赤くて綺麗な懸垂暖簾。これは遠くからハッキリと見えて良く目立ちます

■緑に囲まれた『目分料』。広い駐車場があって十数台駐めれますが、正午には満車になる事が良くあります

■清水町の農村地帯から見える日高山脈の勇姿。高い山には、まだ雪がちらほら残っていました

 

来店履歴

2020年08月30日
十勝 清水町『目分料』(3回目の投稿)
2020年06月17日
十勝 清水町『目分料』(2回目の投稿)
2017年05月20日
十勝 清水町『目分料』

店舗情報

店名 目分料
電話番号 0156-62-5845
住所

上川郡清水町南5条3丁目1

Googleマップで開く
営業時間

11:00~14:00 蕎麦がなくなり次第終了

定休日

水曜日

駐車場

店前に10数台分

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement