札幌市厚別区『Mari iida:マリ イイダ』

2016年11月開業の『Mari iida』は札幌では珍しい女性店主で、開業当初からお客さんが絶えない繁盛店です。

今回の注文は「濃厚魚介soba」へチャーシューとネギを追加したのですが、着丼してビックリ。でかいバラ肉のロールチャーシュー4枚がドンブリの縁からはみ出ています。こんなに入っているとは知らずに追加しましたが、私には2枚で充分…
麺が先に無くなってしまうと、バラ肉の味の強さを中和できないので、気遣いしながら食べ進みます。
しかし、硬茹ででお願いした道産の全粒粉を使ったストレート麺が旨すぎ。そして、旨味が詰まった濃厚魚介スープへテーブルに常備されている胡椒オイル漬けを垂らし込むと、アクセントが付いて麺を手繰る手が止まりません。
結局チャーシュー2枚が残ってしまい、スープで流しつつ何とかやつけました。(あと15歳若ければ小ライスを貰って、チャーシューで巻いてフィニッシュだったよなぁ~)

■こんなにチャーシューが付いて来るとはつゆ知らず…チャーシュー2枚増しを考えて欲しい所です…

■道産小麦の春よ恋・きたほなみ・ゆめちからをブレンドして、卵を使わずに自家製麺しています(これが旨い)

■テーブルに常備されている胡椒オイル漬けは、濃厚魚介スープに合う気がします

■テーブル席に置かれたメインメニュー。時折、期間限定メニューもあるので、券売機横の貼り紙をチェックしましょう

■原材料や調味料に拘りを持っている様です

■店前には2台、裏側に6台分の駐車場があります(道路向かいのスーパーで買物しながらでも…)

『Mari iida』がオープンして間もない頃に11時30分に入店したのですが、店内には7-8名の待ち人がカウンター席で食べている人の後ろにずらりと張り付いている状況。その後も続々とお客さんが押し寄せていました。(零度近い外で待つのは辛いので、開店直後の早目に入店しないとヤバそう…)
券売機でボタンを押したのは「黒トリュフSpecial(サラ旨)」で、ネットで見て当店の一杯目はこれと決めていました。

メニュー名にあった「サラ旨」の意味は、見るからにアッサリした感じのスープを指している様です。これは、鶏ガラベースの清湯と昆布・鰹節・鯖節などの魚介系ダシを合わせたスープへ、無添加醤油にワインを隠し味にした特製の「かえし」で仕上げているとの事。実に円やかなラーメン スープに仕上がっています。
レアチャーシューに載ったペースト状の黒トリュフは、レストラン『aki nagao』の特製ソースを使用。トリュフ独特の良い香りがしますが量的にはもう少し欲しい所です。(この香りが嫌いな人も結構いる様ですが…)
全粒粉が混じった中細ストレート麺はやや硬めに茹で上がっていて、食感も味も私好みでした。これだけ旨味がしっかりしたスープならば、極細麺や平打ち麺などでも試して見たいですネ!

■スープには旨味の脂の輪が浮かんで、レアチャーシューの上には特製の黒トリュフソースが載っています

■褐色染みた中細ストレート麺を良く見ると全粒粉の証であるポツポツが確認できます

■カウンター席の向こうで調理しているのが、女性店主のMariさんです

■券売機の光の加減でちょっと見難いですが、メインのラーメンが大きなボタンに配されています

■11月下旬でしたが雪が降っています。『Mari iida』の隣は韓国料理と惣菜のお店(オイキムチを買いました)

Advertisement

店舗情報

店名 Mari iida:マリ イイダ
電話番号 011-827-8667
住所

札幌市白石区北郷4条12丁目6-19

Googleマップで開く
営業時間 [日〜木] 11:00~15:00  [金・土] 11:00~15:00 / 18:00〜22:00
定休日 月曜日・第1火曜日
駐車場 店前に2台、店裏に6台
公式アカウント Facebook Twitter 食べログ