札幌市中央区『しの崎』

2条西4丁目から西へ延びる電車通り沿いには、場所柄からサラリーマン御用達の手打蕎麦を提供するお店が、4丁目『さくら大通店』、6丁目『松の實』、8丁目『花桐』、9丁目『しの崎』、10丁目『雁喰』、12丁目『志の家』と次々に現れます。

この写真はビルの地下で昼は手打蕎麦、夜はお酒も楽しめる『しの崎』の冷たいとろろ蕎麦です。旨いのは十分承知しながらも滅多に注文しないメニューなのですが、近頃では諸外国の人々がInstagramへ「とろろ(蕎麦や山かけなど)」を投稿しているのが散見されるので、大和の国の本物を知らしめる為、Instagram用に注文した訳です。

ここのとろろ蕎麦はオーソドックスな、黄身・長ネギ・刻み海苔・ワサビが載ったスタイル。(私は黄身が入ら無ければ追加注文する派です) 二八の少し平べったい中細麺はしっかり水切りされてシャキシャキです。これを蕎麦ツユで混ぜ込んだとろろ汁へドボンすると、もう勢いは止まりません。ツルツルスルスルと実に吸い込みがスムーズなので、アッと言う間の完食。その後、大き目の鮭のオニギリをパクついて、少しトロっとした蕎麦湯で割った汁で流し込みながら余韻を楽しみました。

Instagramへ投稿時:反響の一部】
What else is in the bottom plate with the seaweed?
 (海苔の下の方は何なの?)
soba i love, my friend!
 (友よ、蕎麦大好きだぜ)
I like this very much!!
 (私はこれが大好きなの)
Ooooo I love soba at all time too!
 (あたしも、いつだって蕎麦好きだよ)

とろろよりも蕎麦の方に関心が行ってますねぇ

■久し振りの冷たいとろろ蕎麦にオニギリを追加です

■とろろには、やっぱり卵の黄身が必要です

■結構大きな鮭のオニギリです

■ここは冷たい蕎麦のお品書きが多いです

■店内は変わった形でテーブル席が主体です(カウンターは3席だけです)

■ビルの地下へ続く階段を降りると、この入口が見えます

Advertisement

店舗情報

店名 しの崎
電話番号 011-222-5311
住所

札幌市中央区南1条西9丁目1-2 第2北海ビル B1F

Googleマップで開く
営業時間 11:30~14:30 (L.O 14:00) 17:30~23:00(L.O 22:20)
定休日 日曜日・祝日
公式アカウント Facebook 食べログ