札幌市中央区『喜多方老麺まるや 東急百貨店催事場』

1954年創業の『喜多方老麺まるや』が 東急百貨店の催事に出店していると言うので、カップや袋麺ではない「本物の喜多方ラーメン」を食べにお出掛けです。
開店時から催事場は人ひとヒトでごった返しの中、『まるや』入店時はそれほど混んではおりませんでしたが、あれよあれよと言う間に満席に。

注文はチャーシュー麺。会計のオネーさんに煮卵やメンマ増量トッピングなどは無いのかお尋ねすると、よく分からない様子なので、パス!(後でSNSで確認すると、無料の背脂増しがあった様です)

とんこつ・鶏ガラ・魚介が合わさった優しいスープに薄っすらとラード。かなり昔に十勝で頂いた、もっとラードが浮いていたラーメを彷彿。これはこれで好きな味ですね!
会津の伏流水で作ると言う幅広でチョット縮れた麺は柔らか目の茹で上がりで、固まった部分があるので一生懸命ほぐしながら啜る事になります。
結構枚数の豚バラとモモ肉が混ざったチャーシューをパクついていると、丁度良い腹按配で完食しました。

催事出店での食事は何か足らない様な気がして、やっぱり喜多方市の本場で食べて見たいですネ。
なお、東北六県の催事では林檎・南部煎餅をゲットして、ご満悦でご帰還しました。

■チャーシューがスープを覆い尽くしているので、麺は全く見えていません

■醤油味のスープは綺麗な色をしていて、薄っすらとラードが浮いています

■優しい味のスープなのでコショーをたくさん使わない方が良いのですが、ラードを感じるのである程度入れた方が好みでした

■チャーシューの切り方がランダムで、細長いのやら四角いのが混在していますが、味はまぁまぁ美味しい

■幅広の縮れ麺は結構柔らか目に茹で上げられていて、正直に言えばもう少し硬茹でにして欲しかった

■麺の上の方は大丈夫ですが、下の方が絡んでいて持ち上げ難いので、ほぐさなければ勢い良くズルズルッと啜れません…

■会議用で良く使われるの細長くて脚が折り畳み出来る机をズラ〜っと並べて、白い布を掛けるとこの様な客席になります

■チャーシュー麺の半券に書かれた席番号19番、お値段は901円と半端な感じ…

■催事開始すぐに会場には人が溢れていますが、ラーメンブースの奥側はスカスカ…その後、ラーメンを食べ終わるとほぼ満席に!

■お持ち帰り用のラーメン が山積みされていて、お買い求めするお客さんが後を絶ちません

■喜多方から持って来た暖簾の向こうに、開店早々に入店した方がラーメンを食べているのが見えます

■青森ブースで、サンつがる・黄王・未来ライフが5個入り¥1,080円で売っていたので、試食をしてからサンつがるをお買い上げです

■岩手名物の南部煎餅がよりどりみどりで3袋で¥1,080とは、買わずにはいられなかった

■仙台の三角定規油揚げ、すごい人気でしたがこの日だけの販売(煮付けたら美味しかった)

Advertisement

店舗情報

店名 喜多方老麺まるや 東急百貨店催事場
電話番号 011-212-2211
住所

札幌市中央区北4条西2丁目1

Googleマップで開く
営業時間 10:00−20:00
定休日 お問い合わせ下さい
駐車場 専用駐車場、契約駐車場有り (税込2,000円以上お買上げで2時間サービス)
公式アカウント Facebook 食べログ