札幌市手稲区『メシケン。 』

朝食抜きであれやこれやと用事を済ました道すがら、ちょっと足を伸ばして初訪問の『メシケン 』でブランチです。
看板に大衆食堂と書かれていますが、店内は広くて綺麗でどう見ても小さ目のファミレス仕様。
開店時間ぴったりの入店でしたが、既に一番奥のテーブル席には家族連れが着丼を待っていました。

メニューを見るとラーメン・カレー・丼物・デザート系と充実していて、その中から自家製麺の「肉そばワンタン醤油」を硬茹でで注文。
調理場は私が座ったカウンターの向かい側の仕切りの中にあって、お兄さんが一人で調理している様に見えました。(こんな広いお店で、一人で調理はあり得ないか…)

ラーメンは、如何にも「これが中華そばでござりまする」と言った優しいお味の醤油スープで、実に飲み易い。このスープであれば完飲しても罪の意識がないって言うタイプです。(罪深いのは、濃厚豚骨、あるいはラード層の厚い膜であると個人的に認識しています)
自家製麺だと言う中細ストレート麺には、全粒粉の証であるツブツブが散見され、これがツルン&シコっとした食感で、気持ち良く喉奥へ滑って行きます。スルスル入って行くので、大盛りもありでしょうね。

三個入ったワンタンは、餡にキッチリ味が入ったタイプで、ご飯のお供にもなりそう。反対に量が多目の豚バラを味付けしたものは、結構優しい目の味付けでした。
これだけ食が進むのなら、ミニかつ丼などが300円となる、とてもお得なメシケン セットが最良だったかも知れません。

■手前にワンタン、左側に豚バラ肉、その右からメンマ・茹で玉子、そして真ん中長ネギと、スープに隙間が余り無い具材の量です

■この炒め煮した様な豚バラ肉、薄切りなので柔らかくて食べ易い。これはご飯のお供には持って来いですわ

■通常のワンタンよりも具材が多目なのが3個入っていて、餡への味付けがシッカリ効いているので、コイツもご飯に合いそうです

■優しいお味の醤油スープに漂うストレート中細麺、硬茹でなのでプリッとした歯応え、かつ滑りが良いのでガンガン喉奥へ消えて行きます

■自家製麺のストレート麺を良く見ると、ポツポツと全粒粉の特徴が確認できます。この「自家製麺」と「全粒粉」は、旨さを醸すワードですね

■このワンタン、追加できるのならもう3個欲しいですわ。本心は、ビールと一緒に食べて見たい!

■勝手な妄想で新メニューを考えると、ワンタンは入れないで、この豚バラと玉ネギを炒め煮したのを、ゴッソリ載せたラーメンを食べて見たい

■私の座ったカウンター席(7席)の端の壁には、当店のラーメンなどのイラストが書かれていました

■カウンター席と反対側には、テーブル席が8卓も並んでいます(全部で33席あるそうです)

■家族連れが入り易い様に「大衆食堂」の文言を店名に附している様です

■入口脇のガラスに貼られたメニュー。入店前にメニューを確認できるのは、実に喜ばしい(気に入らなければ、入店しなくて済むし…)

■『メシケン』は交通量が多い花川通沿いにあって、ショッピング施設が立ち並ぶ場所に併設されています

■スーパーやスポーツ用具店などの大きな施設があるので、広い駐車場が用意されています

 

来店履歴

2020年06月06日
札幌市手稲区『メシケン。 』

店舗情報

店名 大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。
電話番号 011-663-1383
住所

札幌市手稲区新発寒4条1丁目1-55

Googleマップで開く
営業時間

11:00~21:00

定休日

不定休

駐車場

広い駐車場があります

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • Instagram
  • 食べログ

Advertisement