札幌市豊平区『瀬口』

平岸通の『そば紋』跡へ、2019年12月22日に手打蕎麦と料理のお店『瀬口』が開店したと聞いたので、早速に訪問しました。駐車場が良く分からなくて少し迷いましたが、何とか店裏の広い空き地にたどり着きました。
11時30分、暖簾が掲げられて直ぐに入店し、カウンター席に着席するや否や、昨晩のうちに決めておいた「鴨せいろ」の大盛りを注文。
.
店内を見渡すと、さすが開店ひと月目の新しさに加えて蕎麦屋さんにしてはお洒落な作りになっていて、とても居心地が良いですね。
目の前で調理しているのはイケメン店主、あれこれ気遣いしてくれるホール係は美人女将。このお二人だけで営業している様です。
.
配膳された時のせいろは大盛りにしては量が少な目で、見るからに並盛り。直ぐに女将がミスに気付き、少し後にもう一枚せいろが届きました。(ミスった事でせいろが二枚。これはラッキ~!)
弟子屈町「摩周そば」ブランドのそば粉で打った細麺仕立て。鴨の旨味が溶けた汁に浸すと何とも良いお味。鴨汁はいつ食べても旨いですわ!
.
二枚目のせいろの時に付けて貰った辛汁(もり汁)で細麺を手繰ると、バシッと締まった手打ちならではの歯応えを楽しめました。
蕎麦が配膳された頃からお客さんがどんどん入店。注文を聞いていると、お得な丼物とのセットが多い様でした。
.
少し調理に余裕があれば蕎麦のお話し少しお聞きしたかったのですが、かなり混んで来たので、ズルズル貪ってトロトロの蕎麦湯を二杯頂いてお会計です。
夜営業では、色々なお酒のお供がある様なので、一度来て見たいですネ。
なお、駐車場はお店裏に二台ですが、ちょっと分かり難くて、平岸通から一本入って店の真裏に通じる小道を見付けなければなりません…
.

■「鴨せいろ」を大盛りで注文した筈が、セイロに盛られた蕎麦は並もりサイズ。しかし、女将が直ぐに気付いてくれました。(因みに、小皿の粉は山椒です)

■何も付けずに麺を啜り込むと、細打ちの麺はキッチリと締まっていて、手打蕎麦の醍醐味がありました

■鴨肉が四枚、焼いた長葱と三つ葉が浮いているのが見えます。汁の色は真っ黒ですが、鴨汁の味が出て美味しく頂けます

■細麺をつけ汁へドボンと投じてタップリと汁気を吸わせてワシワシ手繰り込みます。うんうん、食が進むわ!

■鴨肉はそれほど厚さはありません。もう少し、大きく切ってもらって方が嬉しいですネ!

■ネギ好きとしては、焼いた長葱の筒切りは20個入っていても全然問題ありません。ネギ増しがあったら嬉しいのですが…

■二枚目のセイロと辛汁が登場しました。本来の蕎麦を楽しむには、もりそばスタイルが一番です(しかし、どうしてか種物に食指が動いてしまいます)

■角がキッチリと立っているのが分かります。この量で五回手繰り込むと終了となり、種物でなければアッと言う間に完食してしまいます

■鴨汁を蕎麦猪口へ少し移して、別誂えのトロッとしたそば湯で好い塩梅にすると、これがまた美味しいのです!やっぱり、二杯は飲んでしまいますよネ。

■お昼のお品書きです。お客さんの注文の声を盗み聞きしていると、左のページのセットメニューに人気が集まっていました

■私が座った4席のカウンターの端から眺めた所です。左側が調理場、右側がテーブル席になっています

■カウンター上には一升瓶が並んでいて、生唾が滴りそうになりました。夜はお酒と摘み、そして蕎麦が頂けるようです

■カウンター席を振り返って、テーブル席〜入口側を見た所です、ここは、細長〜い店内が特徴的です

■お店の真側の道を走るとこんな小道が現れるので、ここを奥の車の所まで行くと駐車場になっています

来店履歴

2020年01月30日
札幌市豊平区『瀬口』

店舗情報

店名 蕎麦と料理 瀬口
電話番号 011-839-5323
住所

札幌市豊平区平岸3条13-1-36

Googleマップで開く
営業時間

昼営業 11:30-14:00 夜営業 18:00-23:00

定休日

不定休

駐車場

お店の裏側に2台(分かり難いので、ご注意を)

公式アカウント
  • 食べログ

Advertisement