札幌市豊平区『むぎの里 西岡店』

 新潟県小千谷市に本社を構えていて、富山県・長野県・福島県・宮城県・北海道にわたってうどん店を展開している『むぎの里』は、札幌に4店舗あって自宅の近くの西岡店には時々お世話になっています。
ここの製法は、讃岐うどんなどの”手打ちうどん”とは違った”手延べ製法”で作っています。稲庭うどんの様にヨリを入れながら引き伸ばして行くので一本の縄状になります。稲庭うどんは薄く平べったいのですが、当店のはかなり太目で、時間を掛けて茹で上げるので、博多うどん程ではありませんが柔らか目でツルツルっとした食感があります。

メニューを見ると、目移りするほど種類が豊富で、かつユニークな品揃え。チゲちゃんぽん・ちゃんぽん・長崎ちゃんぽん・酸辣スープなどラーメンを彷彿させるものや、ツユに塩麹を使ったもの、あるいは長崎から取り寄せた麺で作る皿うどんなどが、他のうどん屋さんでは見掛けないメニューです。
各種うどんとミニ丼とのセットも充実していて、たれかつ丼・天丼・ねぎとろ丼・とろろ丼と組み合わせる事ができます。
また、ご飯ものでは、天重・かしわ天丼・まぐろ漬け丼・ひれかつ丼・ひれかつ煮膳などがあるので、数人で色々な料理を取り寄せて楽しむ事が出来ます。
うどんのツユは、良質の昆布と削り節で手間を掛けて作り上げていて、讃岐や大阪、あるいは博多とも違った、優しい味わいの仕上がりになっています。(何処のうどんのツユに近いのか問われても、私のバカ舌では「当店独自のお味」としかお答え出来ません…)

さて、ここでご案内するメニューは、期間限定でネギ好きには堪らない「九条ねぎうどん」とミニ天丼のセット、うどんツユがちゃんぽん仕様の白濁化した「長崎ちゃんぽんうどん」、具材が満載の「ちゃんぽんうどん」、当店で一番お得になっている”むぎの里セット”を「あさりうどん+ミニたれかつ丼+サラダ+ミニあんみつ」でチョイスしたものです。
どれも、具材やツユに工夫があって、かつボリュームがあるので、どなたにもご満足頂けると思います。

■「九条ねぎうどん」と欲張ってミニ天丼を付けて見ました(食後は、腹パン間違い無しです!)

■うどんの表面がピカピカに光っていて、ツルツルっと滑りが良い事が分かります

■期間限定発売の「九条ねぎうどん」に使用するネギの説明。これを見て即刻ご注文!

■お漬物で添えられる奈良漬や「九条ねぎうどん」に振り入れた黒七味もに拘りがある様です

■この白濁したスープと具材を見ると、本物の「長崎ちゃんぽん」と見間違う方がたくさんいるでしょうネ

■麺は柔らか目なのでコシはそれほど感じませんが、何と言ってもツルツルっとした喉越しが素晴らしい!

■具材はほぼ「長崎ちゃんぽん」と同じですが、スープは正にうどんツユです(炒め具材の油が浮いているので、コクが増しています)

■「ちゃんぽん・長崎ちゃんぽん」が載ったメニューのページ(右下には、ミニ丼のお薦め書きが…)

■最高にお得な”むぎの里セット”は、お昼時からガッツリ食べたい方にお薦めします

■アサリから良いお出汁が出ているので、ツユは飲み干してしう方が多いと思われます

■当店の中で一番コスパが良い”むぎの里”セット、これはお薦めです!

■一風変わったうどんが二種類(酸辣・塩麹)と長崎皿うどんそのものがこのページに載っています

■会計場所の脇では、煎餅やキャラメルなどのお菓子類を販売しています

■札幌市内の『むぎの里』は、どの店舗も立派な建物(全部で94席)で駐車場(20台)も広いんです

来店履歴

2018年08月24日
札幌市豊平区『むぎの里 西岡店』

店舗情報

店名 むぎの里 札幌西岡店
電話番号 011-855-0505
住所

幌市豊平区西岡四条10丁目3-25

Googleマップで開く
営業時間

11:00~22:00(L.O.21:30)

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement