札幌市豊平区『MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース』(5回目の投稿)

つい先日食べた『さいとう』煮干しダシを使ったラーメンが美味しかったので、また食べたくなっていた。そんな所へ、『MEN-EIJI平岸』では「煮干中華」を4日間限定でやるとTwitterで言見てしまったので、迷わずご訪問です。
券売機の端に貼り付けられた限定ラーメンの案内に、手書きの「本日限定 バラ・モモ チャーシューソバ」と書かれた紙が添えられていたので、お店のお兄さんに、どうやって券を買うのかをお聞きして、大好きな味玉と共に手に入れた。

■駐車場の案内板には4台分の駐め方が出ているが、繁盛店で4台とは実に少ない。近くの、スーパーの駐車場をズルする方法しかないのだ…

■十五周年記念「煮干中華」の個別メニューに貼られた「バラモモ チャーシューソバ」の文字が、煮干中華に対す事なのか、分かりづらかった

■アクリル板で仕切られたカウンター席に案内された。ここのテーブルにあった鉄板メニューは、ここ暫く変わっておりませんでした

11時15分の入店するとカウンター席がほぼ満席だったが、ラッキーな事に1席すぐ空いた。
約10分で着丼。ドンブリの縁にビッシリとチャーシューが貼り付いていて、その量を見ると嬉しくなった。(肉が多いと嬉しがる、昭和の男)
その他の具材を見ると、半分に割った黄身が柔らかそうな味玉、メンマの代わりに使われて長い味付けごぼう、そして刻みネギ。おっとぉ、追加トッピングをしていなかったら、めちゃシンプルな見た目だったんだろうな。個人的には、見た目がシンプルな感じより、具材満載で派手な盛り付けの方が食欲が上がる様です。

■こんな感じでチャーシューを飾ってくるとはつゆ知らずで、個人的にはドンブリ縁に貼り付けるのは、チト見映えに乏しいと思うのだが…

■メンマは付きません。かなり前から牛蒡を煮たものが代わりになっていて、これを追加トッピングすると、とんでもない量が小鉢で出て来る…

■どれがモモでどれがバラか、見分けが付くものと付かないものがあるが、どっちもペラペラの薄切りなので味に大差はなかった

煮干しがやさしく効いたスープはコクもあってゴクゴク飲んじゃうタイプだね、これは。あ~旨いわ、これを嫌いだと言う人はいない筈だと確信した。(スープの具材は勿論だが、良い醤油を使っていそうだ)
豚バラと豚モモのチャーシューはペラペラの薄切りで、コイツで麺をくるんで食べるのが最適と分かった。うんうん、これはイイわ!
そして、ここの自家製麺もうんまいなぁ。『DUCK EIJI』で使っていたストレート麺に似た感じで、あれよりもツルツルっとした食感。これが喉奥へスムーズに滑って行く。ただ、個人的にはもう少し硬茹での方が好みでしたが…
この煮干スープを使って極太麺と合わせた「ごんぶと中華」が復活してくれたらなぁ…

■この麺を見た時に『DUCK EIJI』と同じ感じ様だと気付いた。だが、あれよりもやや硬目に茹で上がっていて、ツルリ感が増していた

■これはもうチョット硬茹でであるとワタクシ好みのど真ん中だったのだが。しかし、これも充分美味しく頂けました

■このペラペラチャーシューで麺を巻く作戦が大成功。そして、優しいながらコクが半端ないスープで流し込むと、最高でした

来店履歴

2021年11月12日
札幌市豊平区『MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース』(5回目の投稿)
2020年11月07日
札幌豊平区『MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース』(4回目の投稿)
2018年09月15日
『MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース』(3回目の投稿)
2018年05月23日
札幌豊平区『MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース』(2回目の投稿)
2018年05月17日
札幌豊平区『MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース』

店舗情報

店名 MEN-EIJI HIRAGISHI BASE:麺エイジ 平岸ベース
電話番号 011-813-7233
住所

札幌市豊平区平岸2条11丁目1-12

Googleマップで開く
営業時間

11:00~15:00 (L.O 14:45) 17:00~20:30

定休日

水曜日・第三火曜日

駐車場

店前に4台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 食べログ

Advertisement