札幌市東区『鍾馗』

京都市で人気ラーメン店を経営されていた方が、札幌市東区に2022年1月17日オープンした『鍾馗』へ初訪問です。
SNSの投稿が結構多いのでミーハー気分だったかも知れませんが、渋滞にハマりながら11時10分に店前に到着すると、店内待ち5人、外待ちが5人ほどで、20代前半と思われる若者が多いのにはちょっとビックリ。
寒い中15分ほど待って何とか入店できたけど、年寄りには冬季間の外待ちは実に辛かった…

■店前を見ると既に5名が並んでいて私がその後に着くと、直様3名が後ろに並んだ。寒空の下、15分はキツイ!

■これはお帰りの際に、丁度タイミング良く外並びが無くなった時に撮った一枚。駐車場は店左に2台分

券売機で「玉子背脂煮干」とトッピングのネギを購入。あれま、店内を見渡していると、こんなに混んでいるのに、お店は大将とおネーさんの二人で回している様だ。
しかし、席に着いてからは5分以内で着丼して、食べ始めは11時35分。結局、お店に到着してから25分待った事になるけど、着席してから数分で食べられたので、ノンストレスでした。

■券売機には当店売りの背脂煮干と2月限定品だけ(アレンジは三種類ずつ)で、少しずつでも品数を増やして欲しいな…

■新店なので綺麗なテーブル席です。調味料は、右にリンゴ酢、左側に一味と黒七味が見えます

ドンブリを覗くと、大きなチャーシューがスープの三分の一を占めていて、黄身が綺麗な味玉、大量の刻みネギ、良い香りの黒ばらのりが見える。お~、期待通りに美味しそうなお顔をしている。
キッチリと煮干を感じるスープに、薬味の長ネギ・玉ネギが合うなぁ~。これが有るのと無いのでは、味に雲泥の差がつくだろうね。そして、黒ばらのりも風味がアップしてなまらイイ感じ。

■さすが繁盛店をやっていただけあって、盛り付けが綺麗です。願わくば京都から来たので、九条ネギを使って欲しかったですね…

■大田ファーム産「ファフィ卵」を使ったこの味玉、実に黄身の蕩け具合が良いので、テイクアウトがあれば5〜6個買いたいな

■黒ばらのりの量も結構あって、背脂煮干しスープとの相性は抜群だったな(更に追加しても行けるかもネ)

平打ち縮れ麺はピロピロ食感の柔らか目と思いきや、やや硬めの茹で上がりで好みだなぁ~。コイツに黒七味をパラリを振ると、以外に好いアクセントとなる事が判明しました。
また、大きな低温調理の豚肩ロースのチャーシューは一枚だと思っていたら、二枚入っていた。うん、これは実に嬉しい!
最終盤で頂いた、トロリとした黄身の色が鮮やかで味玉は、江別市の大田ファーム産「ファフィ卵」を使っているとの事。これも旨かった!

■煮干味のスープへ一味や黒七味を掛けた事がなかったが、こいつは行ける。きっと、一味よりも合うと思うわ

■低温調理された豚肩ロース肉の薄切りチャーシューは、見た目通り柔らかくて旨い。二枚入っていたのは、儲けた気分になった

■年寄りの「ラーメンスープ完飲」は全国的にご法度らしいので、これくらい残したが、後ろ髪を引かれる思いだった…

来店履歴

2022年02月23日
札幌市東区『鍾馗』

店舗情報

店名 麺 鍾馗
電話番号 011-768-8029
住所

札幌市東区北26条東1丁目2-25 ノース26 1F

Googleマップで開く
営業時間

11:00~15:00 18:00~19:30

定休日

火曜日(不定休有り)

駐車場

店横 2台

公式アカウント
  • Twitter
  • Instagram
  • 食べログ

Advertisement