札幌市南区『アジャンタ インドカリ 川沿出張所』(2回目の投稿)

朝から14時まで何も食べていなくてお腹がペコペコ。躰もダレているので”喝”を入れるために『アジャンタ』でスープカレーを頂く事に。

注文は「ラムカレー」へ野菜を増して欲しいとお願いした所、店主から「長芋と茄子があります」との事だったので長芋増しにしました。「結構な量になりますよ」とニッコリ言われたけど、腹ペコなのでタカをくくっておりました。

いつものより深い器にスパイス感がハッキリしたスープがタップリで、ざっくりとカットされたラム肉と野菜がゴロゴロ入っています。う〜ん、結構な量ってこの事だったんだ…
野菜のピーマンと人参はデフォルトで、一個ままの馬鈴薯と長芋がデカイ! 硬くもなく柔らか過ぎない絶妙な食感の長芋は、何度も何度もスプーンで切って食べるのですが、なかなか減らなかった。(でも、旨いものは多くてもOKです)

ラム肉は歯応えのある煮込み具合で、肉を喰らっている感があります。(顎を使う肉の方が本来の旨味がする)
途中で「ライス足りますか?」と店主に聞かれましたが、その時点で満腹直前で、とてもライスのお代わりができる状況では無かった。(カレーの量が多いから、ライスが不足するとの気遣いと推測…)

腹ペコで入店して、退店時は超腹パン…自宅まで運転するのが億劫になっちまった…

■いつもの器はこんなドンブリタイプでは無いので、この総量は通常の1.5倍以上ありそうです

■真ん中にあるピーマンとラム肉が枕にしている長芋、とっても太くて長くて、ホクホクで旨い!(蒸してからスープと合わせているのか…)

■ライスの量は他店よりもやや多目です。食べてる途中で、まさか「ライス足りていますか?」と声を掛けられるとは思っていなかった…

■当店独自調合のスパイシー調味料は、辛いもの好きなら最低でもスプーン3杯入れますね

■スパイス調味料をスプーン4杯振り入れた所。食べ進んだらさらに2杯追加(キチンと辛いスープですが、自分の辛さを目指して…)

■スプーンに載せたラム肉、一口で頬張るのですが歯応えが結構あるので顎を鍛える事が出来ます

■長くて太い長芋をスプーンで切り分けながら食べますが、減らない…左隣のジャガイモも馬鹿でかい!

■ワインボトルらしきはお水で、カウンターの上にはニュージーランド産のラム肉の塊がドドんと載っています

■カウンターに仕込みに使うスパイスが何気なしに置かれてる(スパイスは秘密な筈だが、撮っても良いとのお許しが…)

■メインメニューがライトの光で見え難い。左下に当日提供の二種類が貼られています

■目立たない場所ながら、スープカレー好きやバイク好きが集まって来ています

■小さな商店街の小路沿いに『アジャンタ川沿出張所』があります(写真真ん中ほどの、道路右側の建物)

Advertisement

店舗情報

店名 アジャンタ インドカリ 川沿店
電話番号 011-572-5557
住所

札幌市南区川沿11条2丁目2-17

Googleマップで開く
営業時間 12:00~21:00
定休日 月曜日
駐車場 無し
公式アカウント Facebook 食べログ