札幌市南区『木多郎』(3回目の投稿)

1985年創業のスープカレーでは老舗、あるいは元祖系と言われている老舗『木多郎』のカレーが食べたくなって、一年半振りとなる久々の入店です。2004年にこちらへ移転してから店内は全然変わっていません。
開店時間ちょっと過ぎの11時33分に入店すると、アッと言う間に八割方、席が埋まりました。
(ご夫婦二人で営業しているので、混雑すると調理の出来上がりに少し時間が掛かります)

■11時33分には店前の4台分の駐車場は満杯で、お隣のスーパーマーケットに駐車。当然ながら、お帰りには何かを買い求めます

■入口に一番近いカウンター席に陣取りました。既に何組かの先客がおりました

■L字型カウンターの短い方には誰もいなかったのですが、この写真を撮ってから直ぐにお客さんがお座りです

「スープカレー店で一番たくさん通ったお店は?」と訊かれたら、『木多郎』と即答しますネ。創業が1985年なので37年目の営業となり、そのうち30年以上は通っているので通算は間違いなく30回以上になってる筈です。
ここのメニューはコンプリートしていて、この日は今シーズン最後となる「牡蠣料理」として、「かき野菜カレー」へ欲張ってブロッコリー・オクラを追加し、辛さは4番の超辛口を選択しました。

■このメニューは全て食べたので、新しいメニューか、新しいトッピングが欲しいところです

■豆腐が入るスープカレーは後付けでできたのですが、「豆腐カキカリー」はオススメですネ!

デフォの具材は、中振りの牡蠣が4個・人参・菜の花・ピーマン・ホールトマト・ナス。具材が十種類以上のスープカレー店は珍しくありませんが、元祖系のお店はシンプルな具材が多い様です。
スープの色は濃くて濃度もあります。他店とは一線を画するトマト系のコク深さに加えてバシッとしたスパイス感。これは、躰の中から温まって来ますねぇ。
途中で、スープカレーではたまにしかやらない、具材とスープをライスへ掛ける方法を採ると、これが正解でガンガン行っちゃいました。
ナマラ旨くてスープを余してライスが先に無くなったので、前回の様にスープもライスも大盛りした方が良かったかも知れません。

■前回の訪問時からスープ皿が白いものに変わりましたが、個人的にはライスの皿と同じ模様だったのが好きだった

■こちらから見えるのは、グリーン一色の野菜が見えます。あ〜、躰に良いものを食べると言う予感がする!

■こちらからは、長い人参・茄子・菜の花・オクラが見せますが、ここの人参は美味い! そして、スープの色が濃くて、マジ美味そう!

■長いオクラにはスパイスのザラザラが見えています。辛さ4番にするとスパイス量が多いので、野菜たちまで美味くなる!

■今まではライス大盛りだったのですが、並盛りにするとスープを残してライスがなくなるので、やっぱ大盛りに戻さなければ…

■スープカレーの状況によりますが、ライスの方へ具材を掛ける事は少ないんです。しかし、ここのカレーはシャバシャバすぎないのでグッドでした

来店履歴

2021年04月19日
札幌市南区『木多郎』(3回目の投稿)
2019年12月27日
札幌市南区『木多郎』(2回目の投稿)
2018年07月05日
札幌市南区『木多郎 』

店舗情報

店名 木多郎 澄川本店
電話番号 011-814-1203
住所

札幌市南区澄川6条4丁目2-1 澄川ビル 1F

Googleマップで開く
営業時間

11:30~14:30(L.O 14:00) 17:30~20:30(L.O 20:00)   [土] 11:30~14:30(L.O 14:00)

定休日

日曜日・祝日・第2土曜日(週の中日の祝日は営業)

駐車場

店前に4台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement