札幌市豊平区『カレーリーブス』(4回目の投稿)

親しい年寄りはとうにワクチン接種を終えているが、遅れ馳せながら二回目を完了。ワクチン接種後の発熱などでで外食が出来なくなるのは嫌だなぁとの思いと、丁度お昼時に差し掛かっていた事で、大急ぎで我が家から徒歩だと3分の『カレーリーブス』へ駆け付けました。

■『カレーリーブス』は交通量が多い水源地通沿いにあって、お店の向かい側は札幌大学の正門です(駐車場は、店前2台と店裏4台)

■当店は1996年の創業なので、もう25周年になるんですね。なお、こちらへ移転して来たのは2010年4月でした

既に店内には4組の先客が居て、カウンター席が埋まっていたので、二人掛けテーブルへ案内されました。そう、いつも一人で来店するのでほぼカウンター席。この席は初めてなのでチョットだけ嬉しかった。

壁に掛かったメニューを眺めて、「チキン野菜」へ焼きポテトとブロッコリーをトッピングするかと決まり掛かったが、値段を計算すると具材が満載の「王様カレー」に近づく。そうなら、「王様カレー」にした方が利口だと気付いてこれを注文する事に。

■初めて座った2人掛けテーブル席。個人的にはカウンター席よりも居心地が良い(北海道弁で、あずましい)感じがした

■座った席からカウンター席側を見た所。カウンター3席の向こう側が厨房になっている

■壁に貼られていたメニューの一部。当店の主な具材を網羅した「王様カレー」の写真が一番大きかった(値段のせいかも知れないが…)

■テーブルにはスプーンとフォーク、そして辛味のカイエンペッパーが常備されている(辛味は少しずつ足して行きましょう)

「王様カレー」の具材は、チキン・ほうれん草・パプリカ・南瓜・馬鈴薯・茄子・茹で玉子・シメジで、隠れて見えないのが人参とピーマンです。
辛味はテーブル常備のカイエンペッパーで調整するシステム。専用スプーンで四杯ブチ込んで、いざ戦闘開始。(食べ進めながら、少しずつ足したので、合計で六杯入れた事になりそう)
やっぱり当店の特徴である皮パリパリのチキンがうんまいわ。実は、スープカレー店のチキンの多くは柔らかく煮込まれたものが多いのですが、個人的には煮込まれ過ぎで好きではありません。
ここのスープの特徴は玉葱とトマト。コクが半端なくあって、スープが大盛りになっている「王様カレー」は大正解でした。

■このスープカレーは、具材が多いのとスープが大盛りになっているので、他のメニューよりも大きな器で提供されている

■見た目で分かると思うが、チキンの皮がパリパリに焼かれていてとても私好み(一般的な、煮込んだ鶏肉は出汁がらの様で好きでは無い)

■こちらからは、焼きポテト、カボチャとほうれん草が良く見えています(しめじがほうれん草の下側に、ちょこんと顔を出している)

■こちらからは、長目の茄子を半分に切って揚げたのが見えている(茄子は躰を冷やすので、温かい季節にしか食べない様にしている)

■備え付けのカイエンペッパーをタップリと振り入れ、様子を見ながら途中で足し入れて調整します

後半戦は、具材とカレースープをターメリックライスの方へたっぷり掛け回して見ました。うんうん、最近はこの方式を後半戦に持ってくるのが定番化しているのですが、多少、見た目は悪くてもお味はバッチリ。
ライスにスープが染み込んでいるので、すごく食べ易くなってガンガンと食が進み、アッと言う間に美味しく完食です。

■札幌のスープカレー店のライスは、ターメリックライスを出すお店が多いのですが、個人的には真っ白いのでも構いません

■ライスが半分以下になった頃合いに、具材とスープをライスの方へぶっ掛けて頂いた。う〜ん、この方式も旨い!

来店履歴

2021年09月24日
札幌市豊平区『カレーリーブス』(4回目の投稿)
2020年08月20日
札幌市豊平区『CURRY LEAVES:カレーリーブス』(3回目の投稿)
2018年11月06日
札幌市豊平区『CURRY LEAVES:カレー・リーブス』 (2回目の投稿)
2017年12月25日
札幌市豊平区『CURRY LEAVES:カレー・リーブス』

店舗情報

店名 CURRY LEAVES:カレー・リーブス
電話番号 011-856-4447
住所

札幌市豊平区西岡4条7丁目7-10

Googleマップで開く
営業時間

AM11:00~PM7:00(コロナ対策としての通し営業時間帯)

定休日

水曜日

駐車場

店前2台、店裏4台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement