札幌市西区『もんど』

ラーメン屋さん程では無いが、蕎麦屋さんも今年に入って新規あるいは移転オープンが続いている。さて、今回訪問の手打ち蕎麦『もんど』さんは、ススキのからの移転で2月25日オープンだそうです。(2022年、年末にかけて、まだまだオープンするお店が増えそうだな)
外からお店の窓を見ると「6月からの営業時間変更。朝10時から15時」との紙が貼られていた。なる程、この6月から開店時間を早めたわけか。(札幌の手打ち蕎麦店では、一番早いかもしれない)

■『もんど』はメイン道路の二十四軒・手稲通からちょっと入った所で、駐車場は左側に見えている2台分との事

■茜色の幟の間を通ると階段があって、お店は半地下に構えていた。珍しいね、半地下とは…

■二人掛けテーブルへ案内されて着席すると、階段を降りて来た所にあった入口が真正面に見えている

店内はテーブル卓(6+2+2+2=12席)のみで、小体ながら店内が明るく洒落た感じ。
注文は事前に調べておいたので決まっていて、「せいろ大盛り」と貼り出しメニューの「極太アスパラ天」を2本。
座った場所の直ぐ脇に「ピリたまサッパリ豚しゃぶセイロ」の写真があって、気持ちが少し揺らいだが、初志貫徹です。
その他にも旬を迎えつつある「うに」を使ったメニューもあったが、高価なので手が出ませんネ。

■お品書きは字が小さいのでこの写真では分かり難いが、温・冷・ぶっかけ・トッピングなど内容は充実している

■蕎麦とご飯物のセットが四種類。Bセットの、せいろ蕎麦と大海老と地鶏のミニ天丼が唆るなぁ…

■こちらはご飯類・天ぷら・酒のあて・飲み物などだ。夜営業は予約制だが、6千円〜8千円のコースがあった

■座った席の壁側にポップアップメニューがあって、「極太アスパラの天ぷら」は皆さん気になるだろうなぁ〜

蕎麦は幌加内産「きたわせ」を使用した、少し平べったいく切られた麺。
ややザラ付きがあって噛むとそば粉の風味を感じる。これは何処かで食べた打ち方に似ていて、好きなタイプです。うんうん、量もタップリあるし、イイね。
塩分が少な目のそば汁にタップリと麺を浸してズルズルやりつつ、アスパラ天を摘む。

■注文から10分ほどで配膳された。初訪問の時は、配膳されるまでソワソワ・ワクワクだ!

■大きな皿にはタップリと麺が盛られている。蕎麦好きは大盛りなのに量が少ないと、食欲が萎えてしまうのだ!

■蕎麦を持ち上げて見て、この麺は平打ち系だと判明した。個人的には細麺・太麺・極太麺、どれでもOKです

■蕎麦ツユは塩分が強くないタイプで、何処かで食べた蕎麦屋さんのモノに近かったが、その店おの名前が出て来ない…

アスパラ天は太くて長いヤツなので、ジューシーさがあって、この時季のモノはやっぱりうんまいわ。
蕎麦ツユに浸して試したが、これは塩を付ける方が甘みが増す感じだった。太いアスパラも今月一杯くらいでお終いになるので、うんと楽しまなくては!
〆に別誂えのそば湯を二杯頂くと、昼食としては丁度良い腹パン具合となって、有り難くご帰還です。

■極太のアスパラ天を半分に切って揚げているが、これが結構長い。嬉しいねぇ〜、たくさん食べられて

■先ずは蕎麦ツユに浸して食べてみた。うん、これはこれで中側がジューシーなので美味いわ!

■次に塩で頂いて見ると、蕎麦ツユよりも甘みが強く感じたので、残りは全部塩でやりました

■茹で汁のそば湯。取っ手が無い容器を使っていたが、持ち難いので余り好きじゃないなぁ…

来店履歴

2022年06月09日
札幌市西区『もんど』

店舗情報

店名 手打ち蕎麦 もんど
電話番号 011-205-0395
住所

札幌市西区発寒六条9丁目17-28 F-BLDG6 1F

Googleマップで開く
営業時間

10:00~15:00

定休日

水曜・木曜

駐車場

店前2台 (左側)

公式アカウント
  • Facebook
  • Instagram
  • 食べログ

Advertisement