札幌市豊平区『風棶堂』(5回目の投稿)

時折、無性に起こる「辛いラーメン食べたい症候群」に襲われて、急いで『風堂』へ飛び込み券売機で「青唐辛子味噌」と味玉・長ネギを購入。券を店員さんに渡した時に「大辛で」とコール。激辛もありますが、前回、大辛を食べた時に、珍しく額に汗がたくさん出た覚えがありましたので…

「青唐辛子味噌」の特徴は、刻んだ青唐辛子と赤い辛味の粉で、食べ進みながらスープへ溶かし込みます。これがシャープな辛味で「お~、大好きな辛さだわ~!」と喜び勇んでグビグビとスープを煽ると胃袋まで刺激が走り抜けます。
しかし、実に好い。このパシッとしたスパイス感でコロナをやつけてくれそうな気になります。加えて、スープにはマー油が浮かんでいて、これが旨さの奥行きに加担している様な気がします。

柔らかなチャーシューの下には炒めたモヤシが潜んでいて、シャッキリと香ばしく炒められているので、黄色い縮れ麺と共に、これは札幌系のラーメンである事を主張している様です。
刻み青唐辛子・辛味の粉・モヤシ・ネギ・が麺に絡んで来ると、辛味と旨味によってガンガンと食が進んで、額に薄っすらと汗が滲み出た頃に美味しく完食。

いや~、やっぱり週に一回以上は辛いモノを食べないとスッキリと言うか、躰がシャッキリとしませんよネ!

■「青唐辛子味噌」は季節限定から始まったのですが、少しずつ進化して定番メニューになった様です(辛いもの好きには堪らん!)

■胡麻がまぶされたチャーシューは、見た目よりも柔らかでシットリとして美味しい

■赤い辛味は色々な混合で、右の緑は青唐辛子の刻み。こいつらが、ストレートで爽やかな辛みを演出してくれます

■辛いもの好きにとっては、どんな辛い系ラーメンでも、更に唐辛子や胡椒を掛けてしまう癖がある様です

■札幌系の黄色い縮れ麺を使っていますが、このストレートに辛いラーメンには、加水低めの太麺でも合うと思います

■ここのチャーシューは、美味しさの追求と共に変化し続けています。繁盛店は、どんどんと進化していますネ

■一人で来店するとカウンター席となりますが、この店ではここが一番落ち着きます(カウンターの奥行きがゆったりしているからか…)

■家族と来た時にはテーブル席に座る事がありますが、やっぱりカウンターが好きなんだなぁ〜

■カウンターの上の棚にドンブリや麺箱が載っていて、天井には昔風の電球がぶら下がっている、この雰囲気がグッド!

■カウンタ席の壁に貼られている駐車場の案内。11台もの駐車スペースを用意しているとは、繁盛店でも中々ありません!

■お店に入る引き戸の前に、このご時世ですからアルコール消毒スプレーが用意されていました

■かなり時間を経過したモルタル作りの店舗ですが、風情があって実によろしい!

来店履歴

2020年06月29日
札幌市豊平区『風棶堂』(6回目の投稿)
2020年05月19日
札幌市豊平区『風棶堂』(5回目の投稿)
2019年12月11日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(4回目の投稿)
2019年03月28日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(3回目の投稿)
2018年03月11日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』(2回目の投稿)
2018年03月09日
札幌市豊平区『風棶堂/ふうらいどう』

店舗情報

店名 麺 風棶堂/ふうらいどう
電話番号 011-598-0028
住所

札幌市豊平区豊平8条9丁目3-20 三信ビル 1F

Googleマップで開く
営業時間

11:00~15:30 17:30~21:00

定休日

毎月1回の不定休あり

駐車場

店前と店裏側で11台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • 食べログ

Advertisement