札幌市中央区『五○堂/ごーまるどう』

野菜満載のカレーが好きなんですが、SNSで見掛けた『五○堂』さんの「夏季限定:夏野菜とチキンのインドカレー」が気になって、北海道の夏はそろそろ終わりかけか、と言う頃に出掛けました。
開店時間の11時を目指して店横の駐車場へ到着するも、4分程遅れて入店。お~、さすが繁盛店ですね、早くも三組の先客がおりました。

店員さんに、この限定には玉子が入るかを確認して半熟玉子を追加、辛さは5番の激辛指定、ライスは雑穀米をチョイスです。
配膳されたカレーを覗くと、小さ目に切られた色鮮やかな夏野菜がビッシリ。しかし、メニューに書かれていたチキンの肉片は見えておりません。
そこで野菜を確かめると、オクラ・ズッキーニ・トマト・レタス2色・パプリカ3色・赤いカブ・じゃがいも・なす、にんじんですが、もっとあったかも知れませんネ。

食べ方をどうするか暫し少考。カレー皿の野菜類が多過ぎるので、スープカレー方式であるライスをカレーへ浸すのは、当面は断念。具材をライスにぶっかけながら食べ進むと、良く煮込まれた鶏肉の細切れがザクザク出て来ました。う~ん、これもライスにグッドです!
粘度があるインド風カレールーは激辛指定ですが、ピリピリっとした辛さはあってもルーのマイルド感によって緩和されている様です。

店内に流れているフリー系のジャズのリズムが「おいオヤジィ、ガンガン喰えよぉ~」と応援している様に聞こえて、総体量は多かったけれども無事に完食出来ました。
久々の『五○堂』さん、マジ旨かったです!

■カレー皿が配膳された時はビックリ!スープカレーは大き目の野菜が主流なのに、小さく切ったのが色鮮やかに皿を埋め尽くしています

■もう一つのビックリは、写真の真ん中に見えるオクラの様に、生の野菜が多いのです(多くのスープカレー店では、素揚げ野菜が主流)

■生のパプリカは三種類。手前の細切りの黄色、その左に黄色と緑のまばら色、それと赤パプリカが使われていました

■手前側に見えるのは、ミニトマト・ラディッシュ・レタス・緑のトマト。サラダを見ている様な錯覚に陥りますネ

■紫色の異様な雰囲気の葉類は、初めて聞いた名前のレッドオーク・リーフレタスとの事。その葉に抱かれている感じのものは、じゃが芋です

■当店の五穀米は結構色が着いています。粘り気がある白米よりも、食感がやや硬めの五穀米の方が合う様な気がします(途中でレモンで良い香りに!)

■たくさんの野菜たちに埋もれて見えなかった半熟卵を掘り当てました。黄身がぷにゅーっと柔らかくて、ご飯に良く合いました

■配膳された時のカレー皿は華やかでしたが、中を探ると粘度があるカレールーが現れて来て、ルーには鶏肉コマ切れがたくさん混入しています

■夏季限定と書かれていたので、「いつまでの提供ですか?」と店員さんに確かめると、夏野菜が手に入らなくなったらと仰っていました

■私が座ったのはL字型カウンターの右奥。左側のカウンターに座ると、ジャズを奏でるスピーカー(ALTEC 893Aコロナ)や厨房が見えます

■私が座った席から見た窓側のテーブル席二卓。テーブル席は、その他に二卓用意されています。

■毎月一度の夜営業でジャズを流しているとの事。これは7月のジョン・コルトレーン特集のご案内(既に終わっていますが…)

■壁に貼られていた、店舗横の駐車場のご案内で、五台分用意されています。その上には、カレーのお供と言うべきピクルスのメニュー

■店主はかなりのジャズマニアらしく、アナログレコードがたくさんストックされていました。当然ながら、店内にはず〜っとジャズが流れています

 

お会計場所の横に、当店の特製手拭いが額縁入りで飾られています。これは、またユニークな!

■『五○堂』はビル一階にあり、駐車場は写真手前側の方に五台分用意されています

来店履歴

2020年09月03日
札幌市中央区『五○堂/ごーまるどう』

店舗情報

店名 五○堂/ごーまるどう
電話番号 011-513-1550
住所

札幌市中央区南8条西10丁目1277-37 カネトモビル2-1階

Googleマップで開く
営業時間

[月~水・金] 11:00~15:30(L.O) 18:00~20:30 [土日祝] 11:00~20:30

定休日

毎週木曜日(祝日は営業)

駐車場

店横の駐車場に5台(駐車場の看板に場所の案内があります)

公式アカウント
  • Facebook
  • Twitter
  • 食べログ

Advertisement