札幌市清田区『まる貴そば』(2回目の投稿)

札幌市内の手打ち蕎麦で美味しい極太麺を常時提供するお店と言えば、毘沙門・甘千院・弁慶・さくら・たちばな・叶庵と枚挙にいとまがありませんが、ガッチリした太さで言えばこの『まる貴そば』がNo1でしょうか。

今回は、「つけ豚板そば」をあいもりの大盛りにして、冷たいから汁も追加しております。
熱々のつけ汁には豚バラ肉と長ネギが入っていて、先ずは極太の十割蕎麦をドップリと浸して手繰ると、僅かに柔らかくなった麺からそば粉の味を強く感じます。
中細打ちの麺は外一で打っていて、これをドップリ浸すと柔らかく歯応えが無くなるので、さらっと浸けるようにしています。中細麺は冷たい汁の方が歯応えを楽しめるので、八分目はから汁で頂きました。
熱い汁に旨味を加算している豚バラ肉がネットリした舌触りで好い感じですし、長ネギの風味も良く出ています。
大盛りにしたとは言え箸がガンガン進むので、直ぐ様に板の中は空っぽになってしまい、蕎麦湯を二杯飲んで席を立ちました。また、ちょっと経つとこの様な極太麺が食べたくなるのです。

■大きなお膳には、どどーんと板そばの箱に二種類の蕎麦、下の方には熱いつけ汁・薬味・冷たい蕎麦ツユ・・漬物が並んでいます
■「つけ豚板そば」のつけ汁は超熱々で出て来ます。長ネギがツユを覆っているので肝心の豚バラが見えていません
■右側が割箸よりも太そうな十割極太麺、左側が外一で打たれた中細麺で、大盛りですのでたっぷりな量がありま
■極太麺は冷たい蕎麦ツユでも美味しいのですが、熱いつけ汁に浸すと、そば粉の旨味が良く分かります
■中細麺を熱いつけ汁に浸して食べる時は、この写真の様にどっぷり浸さない方が良いと思います(サラッと浸すのがベター)
■中細麺は、やっぱり冷たい蕎麦ツユで頂く方がバシッとした歯応えが楽しめて好きです!
■〆には何と言っても蕎麦湯ですが、大盛りを食べた後なのに、キッチリ二杯頂きました
■「板そば」は山形県内陸部の発祥と言われていますが、当店では道産のそば粉で板そばをインスパイアしています
■冷たいそばのお品書きで、納豆が入っている二品が未食ですが、その内コンプリートします
■これは温かい蕎麦のお品書きで、鴨南蛮そばを食べた事がありますが、やはり冷たいのが好です(歯応えが良いもので…)
■当店は民家を利用しているのですが、いつも綺麗に整理整頓されていて、お花も飾られています
■民家の入り口に暖簾が掛かっていて、お薦めメニューが小さな黒板に書き込まれています
■当店は厚別東通沿いにあり、茶色の”そば”の幟に気が付かないと通り過ぎます(店前の駐車スペースは3台、無理して4台か…)

 

来店履歴

2020年08月03日
札幌市清田区『まる貴そば』(3回目の投稿)
2019年06月06日
札幌市清田区『まる貴そば』(2回目の投稿)
2017年03月20日
札幌市清田区『まる貴そば』

店舗情報

店名 まる貴そば
電話番号 011-301-6633
住所

札幌市清田区里塚3条6丁目5-15

Googleマップで開く
営業時間

11:30~15:30

定休日

月曜日

駐車場

店前に3〜4台

公式アカウント
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement