札幌市中央区『喜心/きしん』(2回目の投稿)

久々に韃靼そばを食べたくなって『喜心』さんへ。
2019年10月に『喜心』さんで初めて韃靼そばを頂き、その独特の風味を思い出して、今回は大阪から帰省中の孫と一緒に訪問です。(因みに、札幌では『長命庵』や『えぞ一』などで手打ちの韃靼そばが頂けます)
お品書きをめくると、いきなり大好物の「牛すじ」のワードが目に入り、お絞りとお茶・お冷やを持って来てくれた店員さんに、「牛すじ煮込みそばに卵黄を付けて、韃靼そばでお願いします」と速攻で注文。孫はいつもの「ざるそば」です。(海苔が載る、ざるがなければもりです)

ドンブリを覗くと、牛すじと斜め切りの長ネギがタップリと入っています。普通の人では充分なでしょうが、ネギ好きとして増量を申し出れば良かったかもと、極く小さい後悔の念が脳裏を掠めました。
辛いモノ好きでもあるので、蕎麦ツユの塩梅を確かめもせずに、いきなり一味唐辛子をぶっ掛けるクセがあります。同行者に指摘される事もありますが、事前に確かめてもどうせ振り掛けるのですから、外野の意見は無視なんです。

熱い蕎麦ツユに浸ると、韃靼そばの黄色と言うか黄土色っぽい特徴を見て取れませんが、やはり独特の風味があって普通の二八蕎麦の麺よりも食感がシッカリしている様に感じます。
良く煮込まれた牛すじは、肉っぽい箇所と腱のプニュっとした所のコンビネーションが楽しく、やや甘めの仕上がりの蕎麦ツユに良く馴染んでおりました。
今度は、これを韃靼そばの風味がもっと感じられる、「つけ麺スタイル」で提供して頂けるか確認したい所です。

もう一品は孫が注文した「ざるそば」。海苔が載らない「もりそば」しかない時はそれでOKで、余計な具材が入る蕎麦は不要らしい。
小学校一年生ながら八分目までやつけましたが、残すと私が後始末をしなければならないので、早く一人前を食べられる様になって欲しい所です。(しかし、孫が大きくなると、ジジは萎む一方か…)

■具材は牛すじと長ネギの斜め切りだけで実にシンプル。ネギ好きとしては別料金でも、もう少しネギが欲しかったのですが…

■大好きな卵黄はお蕎麦の上にポチョンと載っていてもOKなのですが、別添えなので、自分のタイミングで投入できて最良です

■ど〜しても、蕎麦ツユの具合を確かめもせずに一味唐辛子を振り掛けてしまう。ラーメンでも、直ぐに胡椒をブッ掛けます

■熱い蕎麦ツユに浸っていたので分かり難いですが、普通の蕎麦よりもやや色付きが良い。韃靼そばの独特的な色を見せたかったが…

■良く煮込まれた牛すじは柔らかくて自分好み。コイツを肴にビールを一杯やりたい所ですが、いつも車なのでいつも叶いません…

■麺が半分ほど減った頃合いに、やおら別添えの卵黄を投下。そして、麺に絡ませるとヤッパリ卵は裏切りません!

■温かい蕎麦の時はそば湯を出さないお店もありますが、やっぱり〆にはそば湯が欲しいものです。二杯頂いてお会計へ

■孫が注文した「ざるそば」の勇姿?! 個人的には刻み海苔は不要ですが、孫としては海苔があった方がベターらしい…

■この蕎麦は典型的な二八の中細麺で、万人に愛されるタイプです。でも、韃靼そばの方が並粉よりも食感が硬目で、私好み

■小上がりの四人掛けテーブルの様子。お客さんへの気遣いがシッカリしていて、お絞り・お冷や・お茶が供されました

■小上がりからテーブル席を眺めた所です。午後1時過ぎの入店だったので、食べ終わった頃にはテーブル席が空いていて、一枚パチリ

■お品書きの1頁目に大好きな「牛すじ煮込みそば」があったので、即刻注文。季節限定かと思っていたら、温かいそばの欄にも掲載されていました

■当店はミニ丼とのセットが充実、かつリーズナブルな値段で頂けます。しかし、蕎麦を注文したら290円ってメチャお得!

■この暑い季節ですが、牡蠣のミニ丼290円があります(最近は、冷凍の牡蠣でも結構美味しいんですよネ!)

■入店時には、真っ白い暖簾が堂々と掛かっていました。その前にあるのは、営業時間を伝える黒板です

■昼営業の閉店時間、14時前に退転したのですが、暖簾が降りていて店前の看板は「完売御礼」となっていました

来店履歴

2020年09月09日
札幌市中央区『喜心/きしん』(2回目の投稿)
2019年10月02日
札幌市中央区『喜心/きしん』

店舗情報

店名 手打ちそば 喜心/きしん
電話番号 011-521-3566
住所

札幌市中央区南16条西10丁目2-18

Googleマップで開く
営業時間

[火~土] 11:00~14:00  17:00〜22:00(LO21:00)  [日] 11:00~14:00

駐車場

店前に3台

公式アカウント
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement