札幌市豊平区『MEN-EIJI 月寒Factory』(2回目の投稿)

前回の訪問時に券売機でバツになっていた「豚タンメン」が気になっていたので、今回はそれ狙いで『MEN-EIJI 月寒Factory』へ。
「辛い豚タンメン」があったので、トッピングで牛蒡と長葱のボタンも押していると、お店のオネーさんが食券を受け取りに来てくれた。ホントは味玉も買おうかと逡巡していたのだが…
(このMEN-EIJIの品数は他店舗よりも多いので、券売機の前で迷ってしまいますので、事前に食べログなどで確認しておいた方が賢明です)

ドンブリを覗くとタンメン:湯麺らしくガッツリ野菜が載っている。塩味スープには紅黒い怪しいスパイス液が所々に浮かんでいて、辛さを感じる色は食欲を唆りますよね。(辛いもの好きは、ラーメンに紅い粉や液状が見えると、食べる前から「美味しさ」を感じてしまうのです…)
遅れてトッピングの牛蒡と長葱が配膳されたのですが、両方とも小さいドンブリにタップリ入っている。う~ん、前回訪問時に食べた「カレー味噌」の時は、追加した牛蒡はラーメンの中に入っていて丁度良い量だったのだが…

タンメンの具材は、紫キャベツ・春菊葉・キャベツ・モヤシ・人参・木耳・紫玉葱・韮・生姜微塵切りで、サッと炒めた野菜の歯触りが自分好みです。ラードで炒めているからか、好い香りが鼻腔を擽って来て食欲中枢が爆上がりに!
野菜を八割方やつけた頃合いに、別盛りの牛蒡と長葱をごそっとラーメンに投じて、一味唐辛子を振り入れて見るとバッチリのお味に。
すごく具材が多いので気合を入れてガッつきましたが、残念ながら大好きな長葱を若干残してしまい、ゲップを我慢しながらのご帰還でした。

■ラーメンドンブリから香る炒め野菜の匂いを嗅いでいると、トッピングの牛蒡と長葱が運ばれて来ました。う〜ん、量が多過ぎる…

■塩味のスープに辛味の液体が浮かんでいます。余り辛そうに見えませんが、徐々にスープに混ざって来て好い感じの辛さになりました

■こちらからは炒め野菜がたくさん入っている事が確認できます。炒められた野菜はモヤシ・紫玉葱・白菜がメインでした

■トッピングの牛蒡と長葱は、つけ麺のスープの器に入っていました。量が多いのは嬉しいが、本音としては半分で良かったか…

■タンメン用の麺はかなり加水が低い縮れた太麺で、硬めに茹で上げられていました。完食するまで伸びが来なくて美味しく頂けました

■たくさんの野菜を一生懸命にやつけてから、トッピングの牛蒡と長葱をドボン。すかさず一味唐辛子を振り入れて見ると、やっぱり正解でした!

■カウンター席の調味料群は、右から煮干し酢・胡椒・一味唐辛子でした。煮干し酢は使った事がないなぁ。。。

■前回訪問時と同じカウンター席の右端に陣取りました。テーブルに目立っている店名とマーク、何故か前回は気付いておりませんでした…

■カウンター席の上の方には、店名のネオンサインっぽいのが光っています。その向こうは厨房で、数人の調理担当がテキパキと動いていました

■札幌市内に数店舗ある『MENーEIJI』の中でも一番メニューの品数が多い様で、券売機の前に立つとしばし迷ってしまいます

■以前はコンビニの『セイコマート』だったので、お店の規模が大きく、席数は35もあります

来店履歴

2021年02月22日
札幌市豊平区『MEN-EIJI 月寒Factory』(2回目の投稿)
2021年01月31日
札幌市豊平区『MEN-EIJI TSUKISAMU FACTORY:麺エイジ月寒ファクトリー』

店舗情報

店名 MEN-EIJI TSUKISAMU FACTORY:麺エイジ月寒ファクトリー
電話番号 011-500-2556
住所

札幌市豊平区月寒1条17丁目5-48 有田不動産ビル 1F

Googleマップで開く
営業時間

11:00~15:00 17:00~22:00

定休日

水曜日

駐車場

店前 7台、店裏の指定場所(赤いコーンあり)に4台

公式アカウント
  • 公式サイト
  • 食べログ

Advertisement