十勝 本別町『たじま』(9回目の訪問)

十勝帰省時にお邪魔する率が高いのは池田町『ゆたか』と本別町『たじま』で、両方とも平仮名なのは何か私の深層心理に関連があるのか無いのか…まぁ、無いだろうけど。
さて、週末の土日限定の極太手打蕎麦を狙って、本別町『たじま』で昼食です。
以前は「かけそば」で頂いたので、今回は「肉そば」にして、いつもトッピングする「ごぼう天」を追加。

大きなドンブリの具材は豚バラと長ネギ、そして蕎麦ツユには中標津産の「きたわせ」を使った極太麺が浮かんでいます。そいつを引っ張り出してかぶり付くと割り箸より太いヤツは歯応え抜群。噛んで噛んで噛んで、ゴックン。類い稀な齧る蕎麦!(『まる貴そば』・『毘沙門』・『思君桜』・『思君桜』などの名店よりもガッツリしています)
この麺、硬くてクセが付いていて箸ではアンコントロール。なので、纏めて手繰れません。短い麺を見付けて豚バラと一緒に、あるいはサクサクのごぼう天とパク付いて、チョット甘めの汁で流し込む。う~ん、うんまいわ!


ごぼう天はほぼ毎回頂いていますが、これはサックサクでごぼう特有の旨味が良く出ていて、絶対トッピングにオススメです。
当店デフォの十割中細なら大盛りでもアッと言う間ですが、これにはてこずってしまい、15分掛かって〆のトロトロそば湯にありつけました。いつもの様に、二杯頂いてご馳走様。
お会計の際に「前回より太い感じでしたわ」と店主に告げると、「量も結構あって噛んで食べるので、お腹に溜まりますよネ」とニッコリ返答。
極太麺は土日しか提供していないので、今度は何時の十勝帰省時に食べられるのか、う~ん、次回が楽しみです。

■ここの器は冷たい蕎麦でも馬鹿でかいのですが、極太麺が入った温かい肉そばのドンブリも結構大きくて重かった

■ごぼう天には桜塩が添えられています。この量で200円とリーズナブルなので、一度、二皿注文して見ようか

■豚バラと長ネギがタップリ入っていますが、ネギ好きとしてはもう少し欲しい所です(ネギの追加が出来るか、次回確認して見よう)

■ドンブリから極太麺を引っ張り上げるのですが、それぞれにクセが付いているので、箸から逃げて行くんです(非常に扱い難い!)

■ごぼう天は桜塩で二・三本だけ試し、残りは適宜ツユの方へ投じて頂きました。うん、ツユに揚げ油の旨味が加わって非常に良い!

■蕎麦をガッついている時、店主が「そば湯は要り用ですか?」と聞きに来たので、「はい!」と即答。トロトロのそば湯、いつもの様に二杯頂きました

■当店のお品書きは殆ど覚えていて、かつ、殆ど頂いております。あっ、親子丼セットは未食でしたわ

■お品書きの裏に、土日限定の極太麺のご案内があります。コイツは冷たい麺よりも温かいツユで食べた方が味があると思います

■一人で入店すると大抵はこのカウンター席です。一度、夜営業に来て一杯飲みたい…

■カウンターは4席しかないので、時折、そこの二人掛けテーブルへ案内される時があります(テーブルの向こう側は座敷席)

■築年数が半端じゃない古い建物をリノベーションしながら使われています。昔は、おでん屋さんが入っていました

■通称マーケット通り、かなり寂れてしまっていて、お店の数が激減しています(地方町村あるあるのど真ん中…)

来店履歴

2020年10月18日
十勝 本別町『たじま』(9回目の訪問)
2020年06月17日
十勝 本別町『たじま』(8回目の投稿)
2020年05月01日
十勝 本別町『たじま』(2回目の投稿)
2019年12月06日
十勝 本別町『たじま』(7回目の投稿)
2019年10月11日
十勝 本別町『たじま』(6回目の投稿)
2019年07月09日
十勝 本別町『たじま』(5回目の投稿)
2019年04月17日
十勝 本別町『たじま』(4回目の投稿)
2018年11月29日
十勝 本別町『たじま』(3回目の投稿)

店舗情報

店名 手打蕎麦 たじま
電話番号 0156-28-0939
住所

中川郡本別町北2丁目1-10

Googleマップで開く
営業時間

11:30~13:50 18:00~20:00(L.O)

定休日

月曜日

駐車場

店横に5-6台

公式アカウント
  • Facebook
  • 食べログ

Advertisement